イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > 【観覧は申込不要】米良山神楽の祭典~古より紡がれてきた米良の絆~

ここから本文です。

更新日:2021年7月27日

【観覧は申込不要】米良山神楽の祭典~古より紡がれてきた米良の絆~

サムネイル画像(米良山神楽の祭典)

ジャンル 神話・民俗・歴史
エリア 西米良村
バリアフリー 出入り口には段差がない・スロープがある|多目的トイレがある
開催日

2021年10月2日(土曜日)

開催時間 10時00分~16時00分
会場 西米良村トレーニング施設

概要

「古より紡がれてきた米良の絆」

「米良山の神楽」は「神に仕えまつる」の心で先祖代々、受け継がれてきているものです。また、神楽は地域に住む多くの老若男女が担ってきた文化であり、地域社会を形づける「絆」としての役割を持っています。

「米良山の神楽」は、西都市の尾八重地区、木城町の中之又地区、西米良村の小川、越野尾、村所地区の神楽の総称とされており、それぞれ地区独自の変遷を辿ってきています。暮らしに根付いた神楽を一堂に集め、知って観て感じてもらう事で、その奥深さを知っていただきたいと思います。

日時

開催日

2021年10月2日(土曜日)

開催時間

10時00分~16時00分

会場

西米良村トレーニング施設

住所 〒881-1411児湯郡西米良村大字村所134-6
ホームページ 西米良村役場(外部サイトへリンク)

内容

1.開会式(10時00分~10時20分)
・オープニングセレモニーで「米良太鼓」を披露します。
・「米良太鼓」は平成元年に初代が結成され、西米良神楽の楽をベースにしており、~村民の心に響く神楽の音色を基本にする~という姿勢を、現在の二代目も引き継ぎ、村内外のイベント等で披露されるなど、その力強く軽快なリズムで、村民や観客を魅了します。

2.パネルディスカッション「米良山に伝わる神楽」(10時20分~)
・みやざきの神楽魅力発信委員会1名、各神楽の保存会代表1名ずつ計6名で米良山に伝わるそれぞれの神楽についてお話をします。

3.神楽披露(11時30分~)
・尾八重神楽・中之又神楽・小川神楽・越野尾神楽・村所神楽のそれぞれの神楽の中から抜粋した舞を、各40分程度披露します。

4.餅まき・閉会式(15時45分~)
・実際の神楽では、夜中ごろ、夜食の前に餅まきを行なっています。その気分を少しでも味わってもらおうと、イベント最後に餅まきを行います。

開催要項等

対象

【当日の観覧】
・どなたでも観覧できます(無料です)。
・事前申込は必要ありませんが、当日の来場に際して、発熱や風邪等の症状がある方の来場は制限する場合があります。

問い合わせ先・詳細情報

主催(問い合わせ先) 西米良村実行委員会事務局(西米良村役場内)
電話:0983-36-1111

【注意】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場制限、内容の変更、公演等の中止を行う場合があります。

【注意】バリアフリー情報は、施設(ハード)のバリアフリー情報です。イベント当日の対応で不明な点がありましたら、主催(問い合わせ先)までお問い合わせください。

【注意】事前申込は必要ありませんが、当日の来場に際して、発熱や風邪等の症状がある方の来場は制限する場合があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。