イベント情報

トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > イベント一覧 > 文芸 > 【分野別フェスティバル】郷土で蘇る嵯峨信之-嵯峨信之シンポジウム-

ここから本文です。

更新日:2019年10月18日

【分野別フェスティバル】郷土で蘇る嵯峨信之-嵯峨信之シンポジウム-

嵯峨信之

開催箇所

西部

カテゴリ

文芸

開催日

2020年10月1日(木曜日) ~2020年11月14日(土曜日)

開催時間

日程により異なる

会場

都城市ウェルネス交流プラザ、都城市立図書館(都城市)

概要

日時

  • シンポジウム
    2020年11月13日(金曜日)13時00分~17時00分
  • 写真、詩の書、嵯峨信之書籍の展示
    2020年10月1日(木曜日)~2020年11月14日(土曜日)

会場

都城市ウェルネス交流プラザ

885-0051城市蔵原町11街区25号

  • シンポジウム

都城市立図書館

885-0071城市中町16街区15号

  • 展示

内容

シンポジウム

  1. 谷内修三氏講演会「嵯峨信之の詩について」
    谷川俊太郎の解説で有名な谷内修三氏を招き、嵯峨信之の詩についての講演会を行います。
  2. 嵯峨信之作品の朗読
    全国の詩や小説等の愛好家でつくる同人団体の「見者乃会」会員が詩の朗読を披露します。
  3. DVD【ヒロシマ神話】の上映
    嵯峨信之の詩「ヒロシマ神話」に作曲家:寺嶋陸也が曲を付けた作品を歌った豊中混声合唱団のDVDを上映します。
  4. 質疑・フリートーク

写真、詩の書、嵯峨信之書籍の展示

  1. 宮崎を読んだ嵯峨信之作品の風景写真の展示
    写真家:前原忠房が撮影した、宮崎の作品現場の風景を通して、詩のイメージが膨らみます。
  2. 嵯峨信之作品を書いた書の展示
    書家、石原真子による書を展示します。
  3. 嵯峨信之
    遺贈図書の展示峨信之の著書を実際に読むことができます。
  4. 嵯峨信之が萩原朔太郎に送ったファンレターの展示(写真展示)
    文学史上の貴重な資料であるファンレター現物を撮影した写真を展示します。

開催要項等

詳しくは、以下の開催要項等をご確認ください。

問い合わせ先

見者乃会(担当:池山弘德)

885-0041城市一万城町44号4番地1
電話:090-4483-3031

第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭都城市実行委員会事務局

885-8555城市姫城町6街区21号
電話:0986-23-2132

お知らせ

開催概要等を掲載しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。