イベント情報

トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > イベント一覧 > 神話・民俗・歴史 > 【分野別フェスティバル】都城市3館周年記念特別展

ここから本文です。

更新日:2019年10月18日

【分野別フェスティバル】都城市3館周年記念特別展

3館周年記念

開催箇所

西部

カテゴリ

神話・民俗・歴史

開催日

2020年10月24日(土曜日) ~2020年12月6日(日曜日)

開催時間

日程により異なる

会場

日程により異なる

概要

日時

  • 特別展
    2020年10月24日(土曜日)~2020年12月6日(日曜日)9時00分~17時00分
    (入館は16時30分まで、都城歴史資料館・高城郷土資料館は9時30分開館)
  • シンポジウム
    2020年11月14日(土曜日)13時00分開場、13時30分開演
  • ワークショップ
    2020年10月24日(土曜日)、25日(日曜日)、11月1日(日曜日)、3日(火曜日・祝日)
    午前:10時00分~11時30分(24日は午後のみ)
    午後:13時30分~15時00分
    (ただし、勾玉ネックレス作りについては開催期間中随時)
  • オープニングイベント
    2020年10月24日(土曜日)13時00分~13時30分

会場

都城歴史資料館

885-0083城市都島町803番地(城山公園内)

  • 特別展・ワークショップ・オープニングイベント

都城島津邸

885-0055城市早鈴町18街区5号

  • 特別展

高城郷土資料館

885-1203城市高城町大井手2643番地5

  • 特別展

都城市ウェルネス交流プラザムジカホール(予定)

885-0051城市蔵原町11街区25号

  • シンポジウム

内容

特別展

  1. 場所:都城歴史資料館
    「古事記」「日本書紀」に登場する「くまそ(熊襲)・はやと(隼人)」とは、何なのでしょうか?中央をはさんで対極にある東北地方の「えみし(蝦夷)」と比較しながら紹介します。
  2. 場所:都城島津邸
    「古事記」や「日本書紀」といった古代を代表する歴史資料を展示公開し、神話と古代都城地域の関わりや、奈良平安時代における都城地域成長の様子をみていきます。また、その後発展した古事記研究の歴史や、都城の人々の神話に対する考え方を、江戸時代の古文書をもとに紹介します。
  3. 場所:高城郷土資料館
    「かみながひめ(髪長媛)」という名を聞いたことがありますか?その美貌から仁徳天皇の后となったと伝承される人です。都城に残る「かみながひめ(髪長媛)」ゆかりの地やそれに関連する資料を紹介します。

シンポジウム

場所:都城市ウエルネス交流プラザ(ムジカホール)予定

隼人の祖と言われる海幸彦、ヤマトタケルに敗北した熊襲、仁徳天皇の后となった髪長媛など、神話の中には都城と縁のある人物がたくさん登場します。彼らの逸話をとおして、ヤマト政権との関わりや古代都城地域の成り立ちについて、中央からだけでなく、南九州の視点から紐解きます。

  • 【申込】不要
  • 【入場料】無料

ワークショップ

場所:都城歴史資料館

  • 【内容】
    1. 電気も機械も無い古代に、人々はどのように時を知ることができたのか?身近にあるもので、「日本書紀」にも記述が見られる古代の水時計を作ります。
    2. 平城京跡で出土した古代隼人のおしゃれな模様がはいった盾のミニチュアを作ります。
    3. 世界に一つだけの勾玉ネックレスを作ります。
  • 【対象】どなたでも
  • 【申込】不要
  • 【料金】無料
  • 【定員】
    1. 水時計作り:70人(10人×7回※午前・午後に一回ずつ開催)
    2. 隼人の盾:140人(20人×7回※午前・午後に一回ずつ開催)
    3. 勾玉ネックレス:1,000人程度(随時受付)

開催要項等

しくは、以下の開催要項等をご確認ください。

問い合わせ先

オープニングイベント、特別展(都城歴史資料館・高城郷土資料館)、ワークショップ
都城市文化財課

885-0034城市菖蒲原町19-1
電話:0986-23-9547

特別展(都城島津邸)、シンポジウム
都城島津邸

885-0055城市早鈴町18街区5号
電話:0986-23-2116

第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭都城市実行委員会事務局

880-8555城市姫城町6街区21号
電話:0986-23-2132

お知らせ

開催概要等を掲載しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。