イベント情報

トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > イベント一覧 > 生活文化 > 【分野別フェスティバル】みんなで楽しむ いけばなの祭典

ここから本文です。

更新日:2019年10月18日

【分野別フェスティバル】みんなで楽しむ いけばなの祭典

いけばなの祭典

開催箇所

中部

カテゴリ

生活文化

開催日

2020年11月20日(金曜日) ~2020年11月22日(日曜日)

開催時間

11時00分~、14時00分~

会場

たかしんホール(高鍋町)

概要

日時

2020年11月20日(金曜日)~2020年11月22日(日曜日)(予定)11時00分~、14時00分~

  • 11月20日(金曜日):障がいのある方の体験教室
  • 11月21日(土曜日):一般の方の体験教室
  • 11月22日(日曜日):親子体験教室

会場

たかしんホール(高鍋町中央公民館)

884-0006児湯郡高鍋町大字上江8113番地

内容

いけばな体験教室

いけばな体験教室は宮崎県在住の協会会員が講師となり開催いたします。参加者はいけばなの基本を学びながら、実際に花に触れて自由にいけてみます。いけばなは難しいものではなく、身近に楽しめる伝統文化に興味を持つ機会となる体験型の教室です。
参加者には、協会テキスト『こどものいけばな』『はじめよう!いけばな』から1冊と「いけばなワークシート」を進呈いたします。「いけばなワークシート」は、見開きの記入型で、自分のいけたいけばなを絵に描いてみたり、いけばなの用語を書き込むことができます。いけた作品をスマートフォンなどで撮影し、感想と共に貼ってみてはいかがでしょうか。

  • 親子いけばな体験教室は、親子で同じ花材を使用し、各自作品をいけます。感性の違うふたつのいけばな作品が出来上がる楽しさがあります。
  • 一般の方の体験教室、障がいのある方の体験教室は、ひとつの作品を自由にいけます。帰ってから「もう一度、いけてみたい!」と思っていただけるよう、使用したお花はお持ち帰りいただけます。復習を兼ねて自宅にある花器や食器などにいけることができます。

当日は、花器・剣山・はさみなどを貸出しいたしますので、手ぶらでご参加いただけます。尚、カメラ等は参加者の皆様がご用意ください。

いけばな芸術展

宮崎県在住の協会会員と宮崎県内外の協会役員が流派を超えたいけばな作品の展示を行います。日本を代表するいけばな作家による、秋の高鍋町で“日本のひなた”宮崎県の気候を活かして生産されたスイートピーやコチョウランなどを中心とした多種多様ないけばな芸術作品をご観覧ください。

開催要項等

詳しくは、以下の開催要項等をご確認ください。

問い合わせ先

第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭高鍋町実行委員会
高鍋町教育委員会会教育課文化係

884-0006湯郡高鍋町大字上江8335番地
電話:0983-23-3326

公益財団法人日本いけばな芸術協会西部事務局

541-0043阪府大阪市中央区高麗橋1-3-4
電話:06-6231-5072

第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭高鍋町実行委員会
高鍋町域政策課総合政策係

884-8655湯郡高鍋町大字上江8437番地
電話:0983-26-2018

お知らせ

開催概要等を掲載しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。