お知らせ

トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > お知らせ一覧 > お知らせ > 【お知らせ】不死鳥(フェニックス)デザインのアミュプラザみやざきでのお披露目

ここから本文です。

更新日:2021年3月5日

【お知らせ】不死鳥(フェニックス)デザインのアミュプラザみやざきでのお披露目

不死鳥(フェニックス)デザインがアミュプラザみやざき屋上で掲示されています。

屋上
アミュプラザみやざき(うみ館)

屋上
アミュプラザみやざき(うみ館)

不死鳥(フェニックス)デザインについて

1.制作の目的

宮崎県で実施される「国文祭・芸文祭みやざき2020」は、”復興五輪”の位置づけもあるTokyo2020(東京オリンピック・パラリンピック)と同じ年に開催されます。
そこで、アートの力で被災地の応援」を目的に、どんな困難にあっても何度でも蘇る伝説の鳥「不死鳥(フェニックス)」のデザインを全国の障がいのある方とない方で合作し、被災地に届けるプロジェクトに取り組みました。

2.制作の方法

不死鳥(フェニックス)デザインは、以下の流れで制作し、アミュプラザみやざきで掲示しました。

1.ぬりえの募集

死鳥の翼を構成する羽根の絵の募集を行いました。
がいや病気の有無、年齢の違いなどを問わず、どなたでも御参加いただけるように、羽根の絵の制作方法に「ぬりえ」を採用したところ、全国及び台湾から12,337枚もの御応募をいただきました。

ぬりえ


枠

  1. ぬりえ用紙
  2. 野田あすかさん
  3. アルケミスト(左:こんやしょうたろうさん、右:井尻慶太さん)
  4. まちなか文化堂(TSUTAYA)での制作ワークショップ
  5. つよし学園(日南市)での制作風景

2.原画のスキャン

募された羽根の絵をスキャンしてデータに取り込みます。その際、ぬりえの枠からはみ出た箇所まで丁寧にトリミングし、手描きの温かみが残るよう注意しました。

羽根


がいや病気の有無、年齢や国籍など様々な立場を越えて「被災地を応援したい」という思いがたくさん詰まった羽根の絵がたくさん届きました。この思いがしっかりと届くように丁寧にデータ処理をしました。

3.デザイン制作

キャンした羽根の絵を使用し、の2体の不死鳥デザインが完成しました。
応募いただいたたくさんの方の御協力と、応募作品を丁寧に使用しデザインを制作したクリエイターの力により、アートの持つ新たな可能性を創造することができました。

不死鳥赤
不死鳥(フェニックス)

不死鳥青
不死鳥(フェニックス)

つばさ

不死鳥の翼(一部)
たくさんの羽根の絵で構成しています。

3.今度の展開

  • アミュプラザみやざき(うみ館)屋上での掲示
    2020年10月31日から2021年10月中旬まで掲載する予定です。
    宮崎に新たにできたランドマークでの屋上でまるで優雅に羽ばたいているように掲示されています。
    車イスを利用者される方などの歩行が困難な方は、専用のエレベーターを御案内しますので、うみ館1階のインフォメーションまでお問合せください。)
  • 東日本大震災の被災地である気仙沼市でのウォールアート掲示
    皆さまから届いた復興への思いをたくさん詰め込んだ不死鳥を、水産業を通して本県とつながりの強い気仙沼市にお届けします。
    場所は、震災後に市民の交流の場として再建された「まち・ひと・しごと交流プラザPier7」で、4月17日からの掲示を予定しています。
    詳細はおってお知らせします。
  • 宮崎県立美術館の1階ガラス面での掲示
    国文祭・芸文祭の大会期間中に、県立美術館のガラス面に掲載する予定です。
    詳細はおってお知らせします。
  • 大会公式HPでの羽根の絵の紹介
    皆さまから御応募いただいた羽根の絵を順次御紹介します。

問合せ先

宮崎県総合政策部国民文化祭・障害者芸術文化祭課
障害者芸術文化担当

電話:0985-26-7412

ファクス:0985-26-7414

羽根