トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > フォーカスプログラム(特集ページ)

ここから本文です。

更新日:2021年2月26日

フォーカスプログラム(特集ページ)

本県における長い文化的な営みの中で育んできた4つの文化それぞれに焦点(フォーカス)を当てたプログラムを実施します。

公式ガイドブックの該当ページはこちら(PDF:8,035KB)

【フォーカス1】「記紀・神話・神楽」

0224神楽フェス

記念御朱印帳

0224-2河瀨直美

河瀨

(Photo by Arata dodo)

0224-3永瀬正敏

永瀬

1.神楽フェスティバル

  • 開催日:令和3年7月10日(土曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(演劇ホール)
  • 内容:県内外から招聘した神楽団体による神楽の披露

2.神話のふるさと講演会

  • 開催日:令和3年9月5日(日曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(演劇ホール)
  • 内容:映画監督の河瀨直美氏と宮崎県出身俳優の永瀬正敏氏による講演会を開催

3.キキタビ(記紀旅)(詳しくは特集ページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。)

記念御朱印・記念御朱印帳配付をはじめ、各地の神話ゆかりの地をつなぐ企画を展開

【フォーカス2】「宮崎国際音楽祭」

音楽祭

(写真K.Miura)

ミュージック・デイ

 

山内達哉

山内

アルケミスト

アルケミスト

1.第26回宮崎国際音楽祭

  • 開催日:令和3年7月31日(土曜日)~8月15日(日曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センターほか
  • 内容:毎年5月の音楽祭を国文祭・芸文祭期間にあわせて開催

2.子どもと楽しむミュージック・デイ

  • 開催日:
    1. 令和3年9月26日(日曜日)
    2. 令和3年10月2日(土曜日)
  • 会場:
    1. 都城市まちなか交流センター・まちなか広場
    2. 宮崎市中心市街地
  • 内容:子育て世代が親子で気軽に楽しめるミニコンサート

3.オトタビ

ログラムの料金や申込開始日等、詳しい情報については、5月上旬を目途に準備が整い次第、トラベルセンターホームページ等でご案内を予定しておりますので、それまでお待ちいただきますようお願いします。

オトタビ1(音旅)【吉都線編】吉都線で行くおとなの遠足ツアー

海幸山幸

海幸山幸

山内達哉

山内達哉

  • 開催日:令和3年7月16日(金曜日)(予定)日帰り
  • 内容:観光列車「海幸山幸」を吉都線で特別運行!雄大な霧島連山と田園風景を車窓から楽しんだ後は、スペシャルランチとワイナリーの工場見学。旅のハイライトは、狭野神社での山内達哉氏のヴァイオリンコンサート。明日からきっと元気が出る、大人の遠足旅です。

オトタビ2(音旅)【日南線編】アルケミストと行く!ひなたの真ん中ツアー

アルケミスト

アルケミスト

青島神社

青島神社

  • 開催日:令和3年9月3日(金曜日)(予定)日帰り
  • 内容:アルケミストと一緒に観光列車「海幸山幸」に乗って日南沿線をめぐる旅です。美しい海岸線の風景、風情あるまちなみ散策や酒造蔵見学など、県南の魅力を再発見。旅の締めくくりは、青島神社で大会イメージソング「ひなたの真ん中で」をみんなで楽しみましょう!

【フォーカス3】「若山牧水」

牧水

(若山牧水文学記念館所蔵)

牧水生家

牧水生家

甲子園

日向市の牧水・短歌甲子園

1.大人のための短歌超入門

  • 開催日:
    1. 令和3年5月8日(土曜日)
    2. 令和3年5月22日(土曜日)
    3. 令和3年6月5日(土曜日)
  • 会場:
    1. 宮崎市民文化ホール(イベントホール)
    2. 延岡市駅前複合施設エンクロス
    3. 宮崎県立図書館(2階研修ホール)
  • 内容:主に若者や現役世代を対象とした短歌に親しむイベント

2.全国高校生みやざき短歌甲子園

  • 開催日:令和3年9月25日(土曜日)~9月26日(日曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(演劇ホール)
  • 内容:高校生短歌の最高峰たちが宮崎に集結!県内実力校と対戦。

3.短歌オペラ「若山牧水の声の声」

  • 開催日:令和3年10月16日(土曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(アイザックスターンホール)
  • 内容:牧水の半生を短歌と音楽で描くオペラ。宮崎県ゆかりの歌手・演奏家が多数出演

4.レキタビ

プログラムの料金や申込開始日等、詳しい情報については、5月上旬を目途に準備が整い次第、トラベルセンターホームページ等でご案内を予定しておりますので、それまでお待ちいただきますようお願いします。

崎駅・日向市駅発着で牧水の故郷日向市東郷町坪谷などの耳川流域をめぐる旅。九州電力にご協力いただき、塚原ダム(経産省近代化産業遺産)や上椎葉ダム(土木学会選奨土木遺産)をダムマイスターとともに見学するほか、椎葉村ではダム湖クルージングや椎葉神楽を堪能。備長炭三大産地の一つ美郷町北郷区宇納間の炭焼窯も訪ねます。

ダム

九州電力(九電ドローンサービス)提供

椎葉神楽

夕食

公式ガイドブックの該当ページはこちら(PDF:1,411KB)

  • 開催日:令和3年10月9日(土曜日)~10月10日(日曜日)
  • 会場:日向市ほか
  • 内容:牧水のふるさと耳川流域の歴史をたどり体感するツアーを実施

【フォーカス4】「宮崎の食文化」

1.だれやみ文化大学

0224吉田類

開催日・会場:

1.令和3年8月28日(土曜日)南市文化センター

2.令和3年8月29日(日曜日)南市飫肥地区

内容:酒場詩人の吉田類氏と宮崎の食の魅力、文化を探求

吉田

2.食文化シンポジウム

0224松田丈志

開催日:令和3年9月23日(木曜日・祝)

会場:メディキット県民文化センター(演劇ホール)

内容:宮崎県出身の元水泳選手の松田丈志氏と共に「みやざきの食」を再発見

松田

 

 

 

3.サチタビ

ログラムの料金や申込開始日等、詳しい情報については、5月上旬を目途に準備が整い次第、トラベルセンターホームページ等でご案内を予定しておりますので、それまでお待ちいただきますようお願いします。

公式ガイドブックの該当ページはこちら(PDF:3,347KB)

  • 内容:食文化の継承や新しい食文化の創造に取り組む人々の情熱を感じる体験ツアーを実施
  • ツアー名及び開催日は以下のとおり

川床

『カリコボーズの住む村』(西米良村)

令和3年9月4日(土曜日)日帰り

多くの実りからなる「山の幸」を堪能し、それらが生み出される環境・空気を肌で感じることで、農村の食文化の魅力にふれます。

 

サイクリング

『えびの田の神さぁサイクリング!』(えびの市)

令和3年9月18日(土曜日)~19日(日曜日)1泊2日

収穫を迎え黄金色の稲穂広がる田園地帯でのサイクリングを堪能します。美しく神秘的な陣の池で浴衣を着て記念撮影や古民家のこだわりランチを楽しみます。

 

島野浦

『”海の幸”を堪能!海とともに暮らす島野浦島』(延岡市)

令和3年10月2日(土曜日)~3日(日曜日)1泊2日

延岡市の離島、島野浦で育まれた「海の幸」、「漁師飯」を味わいながら、島独特の景観や自然、歴史や生活文化を感じるツアーです。

 

もしなが邸

『五感で味わう古民家料理教室in庄内もちなが邸』(都城市)

令和3年10月3日(日曜日)日帰り/令和3年10月10日(日曜日)日帰り

明治時代に建てられたお屋敷を活用した都城市庄内の古民家カフェ「もちなが邸」は自然や歴史、地域の人々の思いが詰まっています。自然を大切にし、食文化を伝えていくことの大切さをもちなが邸での調理体験を通して学びます。

 

 

4.ひなたのめぐみ大学校

ログラムの料金や申込開始日等、詳しい情報については、5月上旬を目途に準備が整い次第、トラベルセンターホームページ等でご案内を予定しておりますので、それまでお待ちいただきますようお願いします。

公式ガイドブックの該当ページはこちら(PDF:1,520KB)

  • 内容:宮崎の食にまつわる研究成果や歴史・生活文化などについて、講話や体験などを通じて学ぶことができるツアーや体験講座を実施
  • ツアー名及び開催日は以下のとおり

世界農業遺産編

釜炒り茶

『高千穂郷に生きる釜炒り茶の世界』(五ヶ瀬町ほか)

令和3年9月18日(土曜日)~19日(日曜日)1泊2日

茶に焦点を絞った1泊2日の学び旅。中山間地域に広がる壮大な茶園見学や青空のお茶会、オリジナリティのブレンド体験など予定しております。普段何気なく消費しているお茶について理解を深めながら大自然の中で開催されるお茶会に参加してみませんか?

 

棚田

『先人・神々に感謝~棚田のお米が導く平和の軌跡』(高千穂町ほか)

令和3年10月9日(土曜日)~10日(日曜日)1泊2日

しい農村に命の水が通った時、正解農業遺産認定の地の農業が大きな転換期を迎えました。神事に多用される「麻」から「稲作」へと変わり、今もなお受け継がれて美しい棚田の景観を形成しています。先人たちが抱いた神々への感謝の気持ちを抱き楽しく学び、この地域の棚田で育まれるお米と文化、そして酒について学習します。

大学×地域編

門川

『さかなの町で見て・触って・食べて君もお魚博士に!』(門川町)

令和3年8月8日(日曜日・祝)~9日(月曜日)1泊2日

は瀬戸内海から、南は黒潮が流れてくる門川湾。さかなの集まる町で生態から美味しい食べ方まで載っている「魚図鑑」を片手にセリ市場を訪れ、実際に魚を見たり触れたり、また食べたりして豊富な海の生物について学びます。

 

サツマイモ

『サツマイモ、世界へ!宮崎大学の産学連携の取り組み』(宮崎市)

令和3年8月21日(土曜日)

崎大学と企業が連携して、新たなサツマイモの研究に取り組む様子を見学します。教授から研究についてお話しいただき、研究の様子を見学や体験を通して学ぶ企画です。

県研究機関×地域篇

センター

『おいしさ・リサーチラボと人気商品の秘密を探れ!』(宮崎市)

令和3年7月17日(土曜日)

品開発センターでは、産学官が連携し、「宮崎の新しい食」を創造しています。官能評価施設「おいしさ・リサーチラボ」では、食品をヒトの五感で評価する官能評価を実施しており、商品の特徴を数値化・見える化し、消費者にわかりやすくデザインすることなどに繋がっています。

アーでは、官能評価を体験し、産学官の共同研究によって誕生した宮崎のあの人気商品の誕生の秘密や、官能評価を生かしたマーケティングについて開発者自身に語っていただきます。

 

マメ

『宮崎の地域作物をおいしく食べよう!地マメフェスティバルin野尻』(小林市)

令和3年9月26日(日曜日)

年にわたり特定の地域に根付き、代々受け継がれてきた作物を「地域作物」といいます。宮崎県には数々の特色ある地域作物が育てられており、薬草・地域作物センターでは地域作物の栽培方法や活用について研究が進められています。

域で育てられてきた10種類以上のマメ(地マメ)を一堂に集め、県内各地の地マメ生産者をお招きし、地マメの歴史や栽培方法について教わります。また、料理教室を通して家庭でもできる地マメの特徴を活かした調理法を楽しく学びます。

5.宮崎ハイボールキャンペーン

宮崎ハイボール

開催日時:令和3年6月中旬~10月末(予定)

場所:県内のキャンペーン参加店

内容:「宮崎の本格焼酎」をベースにした宮崎ハイボールと宮崎グルメを宮崎県内の参加店舗で楽しめる企画

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。