トップ > しごと・産業 > 労働・雇用 > 労働相談 > ~使用者の方からの労働相談をお受けします~(宮崎県労働委員会)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年9月17日

~使用者の方からの労働相談をお受けします~(宮崎県労働委員会)

(重要)新型コロナウイルスの感染拡大防止のための措置について(面談再開のお知らせ)

型コロナウイルス感染拡大防止のため、当委員会が実施している労働相談について、面談による相談を中止していましたが、今般、当県における緊急事態宣言が解除されたことを踏まえ、面談による相談を再開しました。ただし、感染拡大予防のため電話予約制とさせていただきます。また、マスクの着用及び入室時の手指消毒の徹底に御協力いただきますようお願いします。

なお、電話やFAX、メール(外部サイトへリンク)による相談は、通常どおり実施しております。皆様には御不便をおかけしますが、御理解・御協力くださいますようよろしくお願いします。

こんなことでお悩みではありませんか?

【相談例】

  • 頻繁に無断欠勤をするなど、勤務態度に問題がある従業員がいて困っている。
  • 給与規程を変更して従業員の手当を一部廃止したいが、問題ないか。
  • 職場内でハラスメント(パワハラ・セクハラ等)が発生している。
  • 従業員の労働条件を変更したいが、労働組合との交渉が難航している。

宮崎県労働委員会では、使用者(会社や企業の代表者、労務管理者など)の方からの御相談をお受けしています。労働に関する相談だけでなく、質問にもお答えします。「あっせんの申請までは考えていない」という場合でも構いません。

知らないと損する労働法(外部サイトへリンク)

チャレンジ!労働法~ミー猫とつばさのまなびネット~(外部サイトへリンク)

労働委員会とは?

労働委員会は、使用者と労働者や労働組合との間に生じた労働条件などをめぐるトラブルを、公正・中立な立場で迅速に解決するために設けられた県の行政機関です。

賃金や解雇、組合活動の問題などについて、使用者と労働者や労働組合との間で自主的に解決できない様々な労働問題について、労使双方からの御相談を受け付けています。秘密厳守無料で利用できますので、お気軽に御相談ください。

労働委員会での話し合いの挿絵

労働委員会の主な業務

あっせん 

使用者と労働者個人や労働組合との間に生じた労働関係のトラブルの解決をサポートするため、あっせんを行なっています。労使間で自主的にトラブルを解決できない場合は、労働委員会のあっせんを御利用ください。

不当労働行為の審査

法で保障されている労働者の団結権・団体交渉権・団体行動権を具体的に擁護するために、労働組合法では不当労働行為制度を定めています。労働委員会では、労働組合などから不当労働行為救済申立があった場合に、審査等を行い、救済命令等を発します。

公益事業の争議行為の予告

益事業において争議行為を行おうとする使用者又は労働組合は、少なくとも10日前までに、県労働委員会及び知事あてに通知する必要があります。この通知を行わずに争議行為を行なった場合、その争議行為の実行について責任のある者は処罰の対象となります。労働委員会では、争議行為の予告に対し、必要に応じて実情調査、調整を行います。

労働委員会の構成

働委員会は、公益を代表する委員、労働者を代表する委員及び使用者を代表する委員の三者同数(各側5名の計15名)で構成されています。第42期の労働委員会委員名簿、労働争議のあっせん及び個別的労使紛争のあっせんを行う際のあっせん員候補者名簿は次のとおりです。

労働委員会委員構成

 労働相談専用ダイヤル「働くあんしんサポートダイヤル」に御相談ください!

「労働委員会」は、使用者と労働者との間で発生したトラブルの相談を、懇切丁寧、秘密厳守で受け付けています。
場でのちょっとした悩みや疑問があれば、次の専用ダイヤルまでお気軽に御相談ください。

働くあんしんサポートダイヤル

使用者向けPRチラシ(表)

使用者向けPRチラシ(裏)

 

令和2年9月の労働相談事例(休業手当が支払われない)

(相談内容)

パートとして週に5日間勤務しています。先日、上司から突然、「来月は週3日の勤務でお願いします。」と言われました。給与が減るので困る、補償してもらえないか、と伝えましたが、「親会社の業績悪化が原因のため仕方ない。再来月からは元どおり勤務してもらうから。」と、取り合ってもらえませんでした。どうしようもないのでしょうか。


(回答)

働者が労働契約に従って労働の用意をなし、しかも労働の意思があるにも関わらず、労務の提供が拒否される、又は不可能となることを「休業」と言います。

使用者の責に帰すべき事由によって休業する場合、民法第536条第2項により、労働者は反対給付である賃金全額を請求する権利があるとされています。しかし、実際に全額の支払いをさせるためには最終的に民事訴訟によらなければならないことから、労働者の生活の最低保障を図るため、労働基準法第26条により、使用者の責に帰すべき事由による休業については、「休業手当」として平均賃金の100分の60以上を支払うことが、使用者に義務付けられています。

なお、1.その原因が事業の外部より発生した事故であること、2.事業主が通常の経営者として最大の注意を尽くしてもなお避けることのできない事故であること、という2つの要件を満たす場合は、不可抗力による休業として、使用者に休業手当の支払義務が生じません。例えば、地震や台風等の天災事変等により、事業場の施設・設備が直接的な被害を受け、その結果労働者を休業させる場合などには、休業手当の支払義務が免除されることがあります。ただし、個別の事案ごとに、被害の状況や、使用者としての休業回避の具体的努力などを総合的に勘案して判断する必要があり、また、交通機関の運休などの事情から自主的に休業を行なったなどの場合には、不可抗力とみなされない場合もあります。

相談のケースのように、使用者側に起因する経営上の理由による休業は、一般的に使用者の責に帰すべき事由に当たるとされています。今後の対応としては、上記の内容を参考にし、使用者に対し休業手当の請求を行なってください。使用者が応じない場合は、労働基準監督署で「申告」の手続を行い、使用者への指導を求める方法が考えられますが、本人確認のため一度は労働基準監督署を訪ねる必要があります。


(補足1)

1日の一部のみ休業となった場合でも、その日の全体として平均賃金の100分の60に相当する金額を支払わなければならず、実際に勤務した分として支払われた賃金が平均賃金の100分の60に満たない場合は、その差額を支払わなければならない。

(補足2)

型コロナウイルス感染症に関連して休業させる場合でも、使用者の自主的判断により労働者を休業させる場合には、一般的に「使用者の責に帰すべき事由」に当たり、休業手当を支払う必要がある。ただし、労働者が自主的に休む場合や、労働者が新型コロナウイルスに感染したために休業させる場合は、休業手当を支払う必要はない。(詳しくは、厚生労働省のホームページを御覧ください。)

これまでの労働相談事例はこちらを御覧ください。労働相談事例紹介ページ

労働委員会を利用したいときは 

働争議の調整の申請、個別的労使紛争のあっせん申請等を行う場合には、その手続きなどについて御説明しますので、下記に御連絡ください。

宮崎県労働委員会事務局

  • 電話番号
    • 直通:0985-26-7262
  • 所在地
    〒880-0805
    宮崎市橘通東1丁目9番10号(県庁3号館6階)

労働委員会地図

各種申請書等のダウンロード

各種申請書等(労働争議の調整の申請書、個別的労使紛争のあっせん申請書等)は、下記リンクからダウンロード可能です。

お知らせ(最低賃金の改定について)

域別最低賃金額の改定について、宮崎労働局長は、宮崎県最低賃金を1時間あたり790円(28円増)とすることを決定し、令和元年10月4日(金曜日)より発効することとなりました。最低賃金は、雇う上でも働く上でも最低限のルールですので、必ず御確認ください。

働委員会でも最低賃金に関する相談を受け付けています。お気軽に御相談ください。

お知らせ(時間外労働の上限規制について)

平成31年4月1日(中小企業は令和2年4月1日)から、労働基準法の改正により、残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間となり、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできなくなります。厚生労働省では、時間外労働の上限規制への対応について企業の皆様へ様々な支援を行なっております。ぜひ御活用ください。

お知らせ(同一労働同一賃金について)

和2年4月1日(中小企業は令和3年4月1日)から、パートタイム・有期雇用労働法が施行されます。これは、同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。厚生労働省では、同一労働同一賃金への対応について企業の皆様へ様々な支援を行なっております。ぜひ御活用ください。

関係機関等へのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

労働委員会事務局調整審査課 

〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7262

ファクス:0985-20-2715

メールアドレス:rohdohi@pref.miyazaki.lg.jp