トップ > 暮らし・教育 > 消費生活 > トラブル・行政処分情報 > 【注意喚起】SMSを用いて未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「日本通信株式会社をかたる架空請求」について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年8月8日

【注意喚起】SMSを用いて未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「日本通信株式会社をかたる架空請求」について

消費者の携帯電話に「ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。本日中に○○ー○○○○ー○○○○日本通信(株)お客様センター迄ご連絡ください。」などと記載したSMS(ショートメッセージサービス)(注意1)を送信するとともに、SMSに記載された電話番号に連絡してきた消費者に対し、「現在、裁判の手続中ですが、すぐに支払えば裁判手続きを止められます。」などと告げ、虚偽の利用料金を、前払式電子マネー(注意2)のIDを連絡させるという方法で支払わせようとする事業者に関する相談が、各地の消費生活センターに寄せられています。
消費者庁は、「日本通信株式会社」をかたる事業者について、消費者の利益を不当に害するおそれがある行為(消費者を欺き、又は威迫して困惑させること)を確認したため、消費者安全法第38条第1項の規定に基づき情報を公表し、注意を呼びかけています。

(注意1)メールアドレスではなく携帯電話番号を宛先にして送受信するメッセージサービス。

(注意2)ここでいう前払式電子マネーとは、インターネット上で使用するプリペイドカードを指します。

日本通信をかたる事業者の概要(注意3)

日本通信をかたる事業者は、送信するSMSで、「日本通信(株)お客様センター」、「日本通信(株)サポートセンター」などと称しており、いずれも「日本通信(株)」を含む名称を用いていますが、その実体は不明です。

(注意3)実在する日本通信株式会社は、本件とは全く無関係です。

詳細は、次の文書をご覧ください。

消費者の皆様

  • 実在する日本通信株式会社は、本件とは全く無関係であり、SMSで未納料金を請求することはありません。慌てて連絡をしないでください。身に覚えのない金銭を執ように請求されます。
  • 前払い式電子マネーを購入してそのIDを連絡しろというのは典型的な詐欺の手口です。絶対に応じないでください。
  • 取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に、各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう。消費生活センター等では、消費者から相談を受け、トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で行なっています。

消費者ホットライン

最寄りの消費生活センター等を御案内します。

  • 電話番号:188

警察相談専用電話

  • 電話番号:♯9110

関連するページへのリンク

お問い合わせ

総合政策部生活・協働・男女参画課消費・安全担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7054

ファクス:0985-20-2221

メールアドレス:seikatsu-kyodo-danjo@pref.miyazaki.lg.jp