トップ > 暮らし・教育 > 消費生活 > トラブル・行政処分情報 > 【注意喚起】無在庫での転売ビジネスのノウハウを提供するなどとうたい、多額の金銭を消費者に支払わせる事業者について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年5月10日

【注意喚起】無在庫での転売ビジネスのノウハウを提供するなどとうたい、多額の金銭を消費者に支払わせる事業者について

無在庫での転売ビジネスのノウハウを提供するなどとうたい、多額の金銭を消費者に支払わせる事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。
消費者庁は、調査の結果、secondcash,LTD.が、消費者の利益を不当に害するおそれがある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)をしていたことを確認したため、令和3年4月28日付けで、消費者安全法第38条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけています。

1.事業者の概要

屋号(注意1) 所在地 運営者

secondcash,LTD.

6/F,CHAMPIONTOWER,3GARDENROAD,

CENTRAL,HongKong

つるただい

鶴田大智

  • (注意1)屋号と所在地は、セカンドキャッシュのウェブサイトに表示されていた内容です。

細は、次の文書をご覧ください。

消費者の皆様へ

  • 簡単に高額収入を得られることを強調する広告や宣伝には要注意
    ここ数年、簡単に稼げるビジネスなどという広告や宣伝を信じ、多額の金銭を支払ったものの、実際には稼ぐことができないという事例が多くみられます。簡単に高額収入を得られることを強調する広告や宣伝は信じないようにしてください。
  • 無在庫での転売をうたうビジネスには要注意
    最近では価格比較サイトが充実し、誰もが最安値の商品を容易に検索できるようになっており、一般の消費者が、短時間・片手間で無在庫での転売ビジネスで稼げるということはまずあり得ません。
    また、これまで、無在庫での転売に関する情報商材を提供すると称する事業者は、多数みられましたが、これらの事業者が紹介する無在庫での転売は大手通販サイトでは禁止されており、サイトの運営事業者に発見された場合には警告・アカウント停止といった措置がとられることから、そもそもビジネスとして成立しません。
  • 取引に関して少しでも不審に思ったら、契約をしたり金銭を支払ったりする前に、各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう。消費生活センター等では、消費者から相談を受け、トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で実施しています。

消費者ホットライン

最寄りの消費生活センター等を御案内します。

  • 電話番号:188

警察相談専用電話

  • 電話番号:♯9110

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部生活・協働・男女参画課消費・安全担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7054

ファクス:0985-20-2221

メールアドレス:seikatsu-kyodo-danjo@pref.miyazaki.lg.jp