トップ > 県政情報 > 市町村・広域行政 > 市町村行政 > みやざきから東日本へ感謝を届ける市町村支援事業

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2013年4月1日

みやざきから東日本へ感謝を届ける市町村支援事業

この事業は、口蹄疫、鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火災害等の際に、東日本を含む全国の方々からいただいた温かいご支援に対して、各市町村が感謝の気持ちを込めて取り組む東日本大震災支援事業について、宮崎県が「みやざき感謝プロジェクト」の一環として、支援を行うものです。

1業実施の状況(1)

「みやざき感謝プロジェクト」の支援を受けて実施をした事業の詳細は以下のとおりです。

市町村名 対象地域 対象者 事業概要
宮崎市 宮城県山元町 宮城県山元町立坂元中学校 坂元中学校の生徒を宮崎市に招待し、陶芸体験やパークゴルフ、マリンスポーツ体験を実施した。なお、山元町の中学生を招待する事業は、昨年度に引き続いての実施。
(実施時期:10月9日~12日)
都城市 福島県白河市 白河市民 白河市にて、300人超規模の焼き肉大会や地場産品展示即売会を実施した。なお、焼き肉大会では、新燃岳の降灰を有効利用した都城焼の「スペシャル七輪」を使用。
(実施時期:10月21日)
延岡市 福島県いわき市 いわき市内在住の小学生 いわき市在住の小学生を招待し、地引網体験や陶芸体験、むかばき青少年自然の家で地元小学生との交流を行なった。なお、いわき市の小学生を招待する事業は昨年度に引き続いて実施。
(実施時期:8月16日~19日)
日南市 宮城県気仙沼市 気仙沼市民 カツオ一本釣り漁で交流の深い気仙沼みなと未来祭りに参加し、地頭鶏や焼酎の振る舞い、特産品の販売等を行い、祭りを盛り上げた。
(実施時期:8月11日~12日)
小林市 福島県いわき市 福島県の復興アピールを行なっている市民団体のフラダンスチーム 福島県の復興PR活動をしているフラダンスチームを招待し、「こばやし名水夏まつり」で小林市民のチームとの共演等を実施した。また、会場内にいわきブースを設置し、観光PRや特産品販売を行なった。
(実施時期:7月27日~29日)
日向市 宮城県気仙沼市 気仙沼市の小学生5、6年生 日向ひょっとこ夏祭りに気仙沼市の子ども達を招待し、ひょっとこ踊りの講習やひょっとこ本祭りパレードへの参加、お倉ケ浜ビーチにてサーフィン体験や地元小学生との交流等を実施した。
(実施時期:8月3日~6日)
串間市 福島県 福島県立福島高校の合唱部 福島県立福島高等学校の合唱部を「串間市民秋まつり・文化祭」のゲストとして招聘し、パフォーマンスを披露していただいた。また、串間市内の観光(都井岬、幸島等)等を通じて、串間市民と交流を図った。
(実施時期:10月12日~14日)
西都市 宮城県山元町 山元町のサッカースポーツ少年団 山元町のサッカースポーツ少年団を招待し、清水台総合公園にてサッカー交流試合を行うとともに、グリーンツーリズムの一環として農家民泊や西都市観光(古代生活体験館等)等を実施した。
(実施時期:8月18日~20日)
えびの市 岩手県陸前高田市 陸前高田市の小学生バレーボールチーム 陸前高田市の小学生バレーボールチームを招待し、バレーボールの交流試合や交流会、市内観光(えびの高原池めぐりコース等)を実施した。
(実施時期:8月4日~7日)
三股町 宮城県山元町、名取市、気仙沼市など 山元町民、名取市民、気仙沼市民 三股町で開発した学校給食用冷凍加工食品「みまたんメンチカツ」を宮城県の子ども達に学校給食を通じて提供している。
(実施時期:10月1日~3月31日)
高原町 宮城県山元町 山元町民 高原町の軽トラ市において、山元町産品の販売を行い、また両町農産物の植栽交流、麦踏等の農産物交流を実施した。
(実施時期:2月16日~2月17日)
国富町 宮城県仙台市、岩手県山田町 仙台市民、山田町民 岩手県山田町の特産品を販売する事業を展開した他、仙台市の地産地消市場において、国富町産品を販売し、PRを行なった。
(実施時期:4月11日~2月10日)
綾町 岩手県宮古市 宮古市民 「宮古毛ガ二まつり」に参加し、綾町特産品の振る舞いや販売を行いイベントを盛り上げるとともに、農業生産技術の視察や農業者同士の交流を行なった。
(実施時期:2月15日~18日)
高鍋町 宮城県七ヶ浜町、福島県いわき市 七ヶ浜町民、いわき市民 被災地の子ども達を高鍋町に招待し、蚊口浜におけるサーフィン体験や青島等の観光、フローランテ宮崎におけるイルミネーションの観賞等を行なった。
(実施時期:12月26日~28日)
新富町 宮城県東松島市 東松島市民 宮城県東松島市で開催されたカレー祭りや鍋まつり等で新富町産の野菜の販売を行い、売上金は義援金として寄付をした。また、「まつりしんとみ2012」において、東松島市復興支援ブースを開設し、特産品の販売を行なった。
(実施時期:10月、11月、2月)
西米良村 岩手県遠野市 遠野市民 遠野市で開催される「遠野市郷土芸能共演会」に西米良村神楽保存会のメンバーが参加し、演舞を披露する等して交流を図った。
(実施時期:11月24日~11月26日)
木城町 宮城県名取市 名取市民 名取市において「出張えほんの郷」を開設し、人形劇や絵本読み聞かせ等を行なった。また、木城KK麺や木城町産漬物の振る舞いも行なった。
(実施時期:12月15日~12月19日)
川南町 福島県矢吹町、岩手県陸前高田市 矢吹町民、陸前高田市民 「やぶき復興祭」において川南町の新グルメである「浜うどん」や地頭鶏の振る舞い等を行なった。また、陸前高田市で開催される「けせん朝市」において、川南町の小学生による地場産品の販売等を行い、震災以降、出店数が減少している朝市を盛り上げた。
(実施時期:11月10日~11月12日、12月22日~24日)
都農町 宮城県山元町 山元町民 山元町ふれあい復興祭において都農町新グルメのトマト鍋や特産品の格安販売を行い、その収益金を寄付したとともに、折紙陶芸教室を仮設住宅に入居する高齢者を対象に複数回開催している。
(実施時期:10月1日~3月21日)
門川町 福島県南相馬市 南相馬市のソフトボールスポーツ少年団 被災地のスポーツ少年団を招待し、門川町のスポーツ少年団との交流試合や遊覧船による乙島周辺の観光を行い、心身ともにリフレッシュしていただいた。
(実施時期:3月23日~25日)
諸塚村 福島県福島市,南会津町等 小学生、中学生、高校生 被災地の子どもを諸塚村の合宿施設で受け入れ、森や川、海などの自然をフィールドとした10日間の自然体験活動を実施した。
(実施時期:7月25日~8月3日)
椎葉村 宮城県仙台市 仙台市民 百貨店「藤崎」において椎葉村特別展を開催し、椎葉神楽の公演や猪鍋の振る舞いを行なった。また、「椎葉平家まつり」における東日本応援チャリティでお預かりした益金(2年分)を被災地に寄付した。
(実施時期:1月24日~29日)
美郷町

-

県内避難者家族 様々な悩みを抱えていたり、周囲から孤立しがちな県内避難者家族に、美郷町の自然を生かした川遊びや魚釣り、家族同士の情報交換を通じてリフレッシュしていただいた。
(実施時期:7月21日~22日)
高千穂町 宮城県仙台市 仙台市のバレーボールスポーツ少年団 九州管内の小学生バレーボールチームが競う「かぐら面争奪小学生バレーボール大会」に仙台市のバレーボールチームを招待し、試合等を通じて交流を深めた。また、「高千穂峡」や「天岩戸神社」等の観光を行なった。
(実施時期:1月11日~15日)
日之影町 宮城県山元町 山元町民 「山元町ふれあい産業祭」において、焼き肉等の振る舞いや特設ステージにて「日之影神楽」の奉納を行なった。
(実施時期:11月23日)
五ヶ瀬町 宮城県山元町 山元町の小学生 山元町の小学生を招待し、五ヶ瀬ハイランドスキー場にてスキーやスノーボード、五ヶ瀬ドームにてフロアカーリングを体験していただいたとともに、農家民泊により、地元小学生の家族との交流を行なった。
(実施時期:12月22日~25日)

2事業実施の状況(2)

【諸塚村】福島県の子ども達が自然体験活動を体験
~鮎の塩焼きの準備に一生懸命な子ども達~

諸塚村での交流の様子

【西都市】山元町のサッカー少年団「山元JFC」と地元のサッカー少年団チームとの交流試合
~ボールに夢中になる子ども達~

西都市での交流の様子

【都城市】福島県白河市にて大規模焼き肉大会を実施
~新燃岳の灰を有効活用した都城焼「スペシャル七輪」を使用~

都城市での様子

3業概要

  1. 補助率10分の10(ただし1事業300万円まで)
  2. 補助対象市町村
  3. 財源宮崎県東日本大震災被災者等支援基金(みやざき感謝プロジェクト基金)
  4. 予算額74,101(千円)

お問い合わせ

総務部市町村課行政担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7116

ファクス:0985-27-7919

メールアドレス:shichoson@pref.miyazaki.lg.jp