トップ > しごと・産業 > 畜産業 > 家畜防疫対策 > 愛玩目的として鶏などの家きんを飼育している皆様へ

ここから本文です。

更新日:2016年12月7日

愛玩目的として鶏などの家きんを飼育している皆様へ

高病原性鳥インフルエンザを発生させないために

愛玩目的であっても、家きん(鶏、うずら、あひる、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥)で高病原性鳥インフルエンザが発生した場合、殺処分や周辺地域の移動制限等の防疫措置が実施されます。

以下のポイントを守り、大切に飼いましょう。

日常の飼育管理の徹底を

  • 健康状態を毎日観察し、飼育小屋やその周辺を清潔に保ちましょう。
  • 世話をする時は専用の履き物を用意し、小屋への出入りの際に履き替え又は水洗しましょう。
  • 世話をした後は、手洗いをしましょう。

野鳥や野生動物等と接触させない

  • 小屋の中で飼育し、金網や防鳥ネットを張りましょう。
  • えさや水は小屋の中に置き、えさが小屋の外に散乱しないようにしましょう。

家きんを飼育している方は、毎年1回、飼育羽数等を報告することとなっています

お住まいの市町村の畜産担当課までお知らせください。

愛玩鶏(家きん)に続けて死亡する等の異常が見られたら、下記にご連絡ください

  • 宮崎家畜保健衛生所電話番号:0985-73-1377
  • 都城家畜保健衛生所電話番号:0986-62-5151
  • 延岡家畜保健衛生所電話番号:0982-32-4308

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 家畜防疫対策課防疫指導担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7139

ファクス:0985-26-7329

メールアドレス:shinsei-kachikuboeki@pref.miyazaki.lg.jp