トップ > しごと・産業 > 畜産業 > 家畜防疫対策 > 家畜伝染病「特別防疫月間(4月)」の取組等について

ここから本文です。

更新日:2019年12月12日

家畜伝染病「特別防疫月間(4月)」の取組等について

崎県では、平成22年に口蹄疫が発生した4月を「特別防疫月間」と位置付け、水際防疫の要である宮崎空港ビル株式会社及び宮崎カーフェリー株式会社への防疫協力要請活動や口蹄疫発生を想定した防疫演習など、家畜防疫の強化に資する取組を重点的に実施します。

1.水際防疫協力要請活動

宮崎空港ビル株式会社や宮崎カーフェリー株式会社をはじめとした水際防疫団体に対して、知事等が協力要請を行うとともに、意見交換を行なっています。

2.口蹄疫防疫演習

毎年、口蹄疫が発生した4月20日前後に、口蹄疫発生を想定し、県及び現地対策本部間で連携しながら、移動制限区域や消毒ポイントの設定、動員や資材リストの作成など、必要な初動防疫作業の演習を行います。

3.農場巡回指導の開始

毎年4月から順次、牛、豚、鶏それぞれの農場の巡回指導を開始します。

家畜防疫員が各農場において飼養衛生管理基準の遵守の状況確認と徹底のための農場指導を行います。

4.県民啓発パネル展示

施設 場所

宮崎県立図書館

1階ロビー

イオンモール宮崎

1階レストランコート

概要:上記2施設において、口蹄疫発生の概要に関するパネル展示により家畜防疫対策の重要性について啓発を行います。

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 家畜防疫対策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7139

ファクス:0985-26-7329

メールアドレス:shinsei-kachikuboeki@pref.miyazaki.lg.jp