トップ > 県政情報 > 計画・構想 > 部門別計画等 > 「宮崎県野生動植物保護計画」(案)に関する意見募集の結果について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

「宮崎県野生動植物保護計画」(案)に関する意見募集の結果について

宮崎県では、「宮崎県野生動植物保護計画」(案)について、平成30年1月22日(月曜日)から平成30年2月21日(水曜日)まで、ホームページなどを通じ、県民の皆様の御意見を募集しました。
その結果、1名の方から1件の御意見をいただきました。貴重な御意見をお寄せいただき、ありがとうございました。いただいた御意見の内容及びそれに対する県の考え方は、以下のとおりです。

御意見の要旨と県の考え方

1.意見募集期間

平成30年1月22日~2月21日

2.意見総数

1名:3件

3.提出方法別人数

提出方法

人数

件数

郵送

-名

-件

メール

-名

-件

ファクシミリ

1名

3件

持参

-名

-件

1名

3件

 

4.内容

宮崎県野生動植物保護計画について

5.意見の要旨と県の考え方

区分 番号 意見の要旨 意見等に対する県の考え方(案)
1 1 ササユリについて、重要生息地の指定や現地外対策が必要と考える。 県では、ササユリを県の条例で指定希少野生動植物に指定し、採取等を禁止しておりますが、今後の重要生息地の指定や現地外対策については、専門家や市町村及び地元関係者等の意見も踏まえ、検討してまいりたいと考えております。
1 2 森林生態系保護地域にも含まれている大崩山について、ユネスコエコパークへの登録もあったことから、しっかりとした保護対策が必要と考える。 大崩山は、県の指定希少野生動植物に指定されているササユリをはじめとする希少な野生動植物が多数生息していることから、自然公園法などの法令による規制に加えて、関係機関と連携して適切な野生動植物の保護に取り組んでまいりたいと考えております。
1 3 野生動植物保護の普及啓発及び普及啓発を行う人材の育成が必要と考える。 指定希少野生動植物を紹介したパンフレットや県庁ホームページ等による普及啓発、県が開催する研修会等を通して、県民一人一人が野生動植物に関心を持ち、行動していく取組を推進してまいりたいと考えております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部自然環境課野生生物担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7291

ファクス:0985-38-8489

メールアドレス:shizen@pref.miyazaki.lg.jp