トップ > 健康・福祉 > 障がい者 > 障がい者福祉 > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年3月5日

聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

2月5日(水曜日)に設置しました「帰国者・接触者相談センター」について、聴覚障がいがある方をはじめ、電話での相談が困難な方がいつでも相談できるようにするため、3月5日(木曜日)よりファクスで相談対応します。

新型コロナウイルス感染症が疑われるへ

次の症状がある方は、「ファクス相談票」により「帰国者・接触者相談センター」へ御相談ください。

「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。同センターでは、相談内容から同感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」へ受診調整を行なっています。

  1. 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない場合を含みます)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

注意:高齢者や基礎疾患がある方は、上の状態が2日程度続く場合

「帰国者・接触者相談センター」の相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

厚生労働省がよくある御質問をまとめています。

また、御家族のなかに新型コロナウイルスの感染が疑われる方がいる場合は「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項」(外部サイトへリンク)の留意事項も御覧ください。

一般相談は以下の厚生労働省相談窓口にお問合せください。

厚生労働省の相談窓口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4468

ファクス:0985-26-7340

メールアドレス:shogaifukushi@pref.miyazaki.lg.jp