トップ > 宮崎県コロナウイルス感染症対策特設サイト > 県民の皆さま > 新型コロナウイルス感染症に関する「心のケア」の相談窓口について

更新日:2020年4月16日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する「心のケア」の相談窓口について

新型コロナウイルス感染症への対応が長期化することに伴い、今後、さまざまな心の悩みを抱える県民の方々が増えていくことが予想されることから、そのような方々に対しても十分な心のケアを実施します。

相談窓口

宮崎県精神保健福祉センター

宮崎県精神保健福祉センターは、あくまで「心の悩み」を受け付ける相談窓口であり、新型コロナウイルス感染症の症状や、受診の目安日等に関する相談については、引き続き「帰国者・接触者相談センター」で受け付けます。

相談体制

保健師や心理士等の資格を持つ専門の職員が、相談者からのお話を電話で伺います。
また、必要に応じて、センター職員による面接相談や、精神科医師による診療相談を実施します。

対象者

  • 感染症患者やその家族
  • 感染症により入院後、退院した方
  • 濃厚接触者、PCR検査陰性者
  • 医療従事者
  • 自宅待機等により行動の自由を制限されている方
  • 休校等の影響により、子育てにストレスを感じている方
  • その他さまざまな形で、生活や仕事に影響が出た方など

その他

心のケアに関する相談については、宮崎県精神保健福祉センター内「こころの電話」(電話番号:0985-32-5566)でも幅広く受け付けています。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4471

ファクス:0985-26-7340

メールアドレス:shogaifukushi@pref.miyazaki.lg.jp