トップ > しごと・産業 > 中小企業・金融 > 経営・技術支援 > 令和2年度宮崎県地域課題解決型起業支援事業費補助金の公募を開始しました

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年5月18日

令和2年度宮崎県地域課題解決型起業支援事業費補助金の公募を開始しました

県では、「社会性」・「事業性」・「必要性」の観点をもって、課題解決に取り組む起業者へ支援を行うことにより、社会課題の解決及び地域経済活性化の促進を図るため、新たに起業する方の事業計画を募集します。

このたび、次のとおり公募を開始しましたのでお知らせします。

1.公募期間

令和2年5月18日(月曜日)から令和2年6月30日(火曜日)まで

2.募集の対象者

  • 起業支援事業の公募開始日(令和2年5月18日)から補助事業期間完了日(令和2年12月31日)までに個人事業の開業届、又は株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、企業組合、協業組合、特定非営利活動法人等の設立を行い、その代表者となる者
  • 宮崎県内に居住していること、若しくは起業支援事業の補助事業期間完了日(令和2年12月31日)までに県内に居住することを予定していること
  • 個人事業の開業の届出又は法人の登記を宮崎県内で行う者であること
  • 法令遵守上の問題を抱えている者でないこと
  • 申請を行う者又は設立される法人の役員が、暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力との関係を有する者でないこと
  • 県税を滞納していないこと

3.対象となる事業

  • 起業支援事業の公募開始日以降、補助金の交付決定を受けた事業の事業期間完了日以前に新たに起業する事業
  • 宮崎県地域課題解決型起業支援事業補助金交付要領(公益財団法人宮崎県産業振興機構定め)(外部サイトへリンク)第3条に定める社会的事業の全ての要件を満たすものであること
  • 宮崎県内で実施する事業であること
  • 地域産品を活用したフードビジネス・農商工連携・6次産業化や観光関連(グリーンツーリズム等)、鳥獣被害対策、地域経済循環(地域商社等)、子育て支援、移住対策、地域おこし、買物弱者対策、地域交通対策、高齢者対策、防災・減災など持続可能な社会づくりの分野であること
  • 公序良俗に反しない事業であること
  • 宗教的又は政治的意図を有した事業でないこと
  • 国(独立行政法人等を含む。)及び県から同種の補助を受けていないこと、又は受ける見込みのないこと
  • 補助金の使途として社会通念上、不適切であると判断される事業(風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(昭和23年法律第121号)第2条において規定する風俗営業等)でないこと

4.対象経費、補助額等

対象経費

人件費、店舗等借入費、設備費、原材料費、知的財産権等関連経費、謝金、旅費、外注費、委託費、マーケティング調査費及び広報費

(注意)対象経費の詳細は、公益財団法人宮崎県産業振興機構ホームページ(外部サイトへリンク)の募集要領を御確認ください。

補助率及び補助額

対象経費の2分の1以内。ただし、上限200万円。

5.スケジュール

スケジュールは、次のとおりです。

募集締切 令和2年6月30日(火曜日)必着
審査会 令和2年7月下旬から8月上旬まで(予定)
交付決定 令和2年8月上旬(予定)
補助事業の実施期間 交付決定日から令和2年12月31日(木曜日)まで
実績報告書提出期限 令和3年1月22日(金曜日)
伴走支援 交付決定日から令和2年3月まで
補助金交付 令和2年3月中旬(予定)

6.募集要領、応募様式

募集要領、応募様式等は、本補助金事務局である公益財団法人宮崎県産業振興機構のホームページ(外部サイトへリンク)からダウンロードしてください。

7.提出・お問い合わせ先

公益財団法人宮崎県産業振興機構経営情報課

  • 〒880-0303宮崎市佐土原町東上那珂16500番地2
  • 電話:0985-74-3850
  • ファクス:0985-74-3950
  • 電子メール:info-21@i-port.or.jp

8.移住支援金

本補助金の交付決定を受けた方が、県外からの移住者である場合は、宮崎県移住支援金制度の対象となる場合があります。

主な要件

  • 共通
    • 県内市町村に転入したこと。
    • 令和元年7月22日以降に転入したこと。
    • 移住支援金の申請時において、転入後3か月以上1年以内であること。
    • 転入先の市町村に、移住支援金の申請日から5年以上、継続して居住する意思を有していること。
  • 令和元年7月22日以降、令和2年3月31日までに移住された方
    • 住民票を移す直前に、連続して5年以上、県外に在住し、かつ、住民票を移す3か月前の時点において、連続して5年以上、県外事業所への通勤(雇用者としての通勤の場合にあっては、雇用保険の被保険者としての通勤に限る。)をしていたこと。(東京23区在住者は、通勤要件なし)
  • 令和2年4月1日以降に移住された方
    • 住民票を移す直前の10年間のうち、通算5年以上県外に在住し、かつ、県外事業所に通勤(雇用者としての通勤の場合にあっては、雇用保険の被保険者としての通勤に限る。)するとともに、住民票を移す直前に連続して1年以上、県外に在住していたこと。(東京23区在住者は、通勤要件なし)

詳細は、宮崎県HPの移住支援金制度ページ及び移住・UIJターン情報サイト「あったか宮崎ひなた暮らし」(外部サイトへリンク)のチェックリストをご覧頂くとともに、移住先市町村にあらかじめご相談ください。

お問い合わせ

商工観光労働部商工政策課商工団体担当 担当者名:中山・坂下

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7098

ファクス:0985-26-7337

メールアドレス:shokoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp