トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業経営・技術 > 宮崎県総合農業試験場 > トピックス一覧 > 正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(4月:病害虫防除・肥料検査課)

ここから本文です。

更新日:2021年4月13日

正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(4月:病害虫防除・肥料検査課)

総合農業試験場管理棟正面玄関を入って左の試験研究情報展示コーナーは、各部・各支場の取組内容を紹介しています~

病害虫防除・肥料検査課の展示紹介

4月は病害虫防除・肥料検査課の取組について紹介しています。

病害虫防除・肥料検査課では、病害虫の適期防除を行うために、病害虫の発生予察情報などを提供する病害虫防除部門と、肥料取締法に基づく肥料の登録・届出等に関する成分分析を行う肥料分析部門の2つの業務を行なっています。今回は、病害虫部門を中心に展示・紹介を行なっています。

写真:展示コーナーの様子

病害虫発生予察と情報の提供

県内全域の普通作物、果樹、茶、野菜などの病害虫について、巡回調査等の結果をもとに、今後の病害虫の発生状況を予測し、情報(警報や注意報など)を農家や関係機関に提供しています。写真は、イネを加害するウンカ類、カメムシ類及び果樹を加害するカメムシ類の展示の様子です。

写真:水稲や果樹を加害する害虫

特殊病害虫侵入警戒調査

農作物に重大な被害を与える恐れがある特殊病害虫の本県への侵入・定着を防止するために、県内各地に各種トラップを設置して、早期発見に努めています。また、資料などを配付し、特殊病害虫の侵入警戒の啓発を行なっています。

写真は、本県が最も警戒する特殊病害虫の一つであるアリモドキゾウムシ(本県未発生)のサンプルと加害されたサツマイモ塊茎(模型)の展示になります。

写真:アリモドキゾウムシ(サンプル)とサツマイモの被害塊根(模型)

病害虫防除指導

農作物の病害虫や被害について診断し、防除指導を行なっています。また、生物環境部と協力して、病害虫の農薬に対する感受性検定を実施するなど、様々な取り組みを行い、防除対策に役立てています。

展示コーナーには、「サトイモ疫病対策マニュアル」、「サツマイモ基腐病対策マニュアル」、「促成ピーマンヒラズハナアザミウマ対策」などの技術資料を展示しています(写真)。総合農業試験場にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

写真:各種技術資料

お問い合わせ

宮崎県総合農業試験場   担当者名:久野(くの)

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805

電話:0985-73-6670

ファクス:0985-73-2127

メールアドレス:kuno-kohko@pref.miyazaki.lg.jp