トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業経営・技術 > 宮崎県総合農業試験場 > トピックス一覧 > 正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(2月:花き部)

掲載開始日:2022年2月14日更新日:2022年2月14日

ここから本文です。

正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(2月:花き部)

総合農業試験場管理棟正面玄関を入って左の試験研究情報展示コーナーは、各部・各支場の取組内容を紹介しています~

花き部の展示紹介

2月は花き部の試験研究の取組について展示しています。

展示スペースの様子

花き部では、市場ニーズの高い品種の育成や、生産現場の課題解決に向けた栽培試験等に取り組んでいます。

展示全体の様子

スイートピーの展示

スイートピーでは、これまで23のオリジナル品種を育成しておりますが、今後は新花色や日持ち性、省力性、難落蕾性などの有用な形質を複数持ち、多収性のある品種育成を目標に選抜を行なっています。写真は、県育成品種の「式部」、「紅式部」、「恋式部」の式部三姉妹です。

スイートピー

デルフィニウムの展示

デルフィニウムは、これまで12の品種を育成しており、花の形が星に似ることから星座にちなんだ品種名を命名しています。現在は、主力である青色を中心に、水色やラベンダー等の花色の品種育成の他、茎が硬く、花の長さがコンパクトで取り扱いしやすい品種や多収性の品種育成も行なっています。

デルフィニウム写真

ダリアとラナンキュラスの展示

秋田県と連携してリレー出荷に取り組んでいるダリアは、秋田県で育成されたオリジナル品種NAMAHAGEシリーズについて本県での栽培に適した品種選定に向けた特性調査を実施しています。

ラナンキュラスは、県内育種家と連携して、モロッコやラックスシリーズの新品種選抜や早期開花技術の開発に向けた試験を実施しています。

ラナンとダリア

アネモネとブルーフレグランスの展示

実需者ニーズの高い品目であるアネモネやブルーフレグランスについても栽培試験をしています。

アネモネは、従来の品種よりも大輪の「ミストラスシリーズ」の育苗方法や茎割れ症状の対策試験を実施しています。

ブルーフレグランスは、適日長時間の検討や健全な育苗方法の検討、有望系統の選抜を行なっています。

アネモネとブルフレ

お問い合わせ

宮崎県総合農業試験場   担当者名:古藤(ことう)

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805

ファクス:0985-73-2127

メールアドレス:sogonogyoshikenjo@pref.miyazaki.lg.jp