掲載開始日:2021年9月7日更新日:2021年9月7日

ここから本文です。

3か月長期予報(秋の天気)

概要

1.2021年6月から2021年8月までの夏季の結果

(1)気温

この期間の平均気温は、宮崎市で25.8℃で平年値の26.0℃より0.2℃低くなっています。月別では6月が23.2℃(±0℃)、7月27.1℃(-0.2℃)、8月27.0℃(-0.6℃)となっていました。
令和3年は、3月まで高温傾向でしたが、4月以降6月まで平年並みに近い気温で推移してきました。7月に入り、平年を下回る気温傾向になっています。昨年は、4月と7月が平年よりやや低く、8月は高くなっていましたので、令和3年は、これまでの気温傾向とは違い、平年並みかやや低い傾向がみられています。

(2)降水量

この期間の降水量は、平均で389.3mmで、平年値377mmに近い値でした。月別では、6月は梅雨の期間にもかかわらず、368mmと平年の71%と少なく、逆に8月は、平年より69%増の465.5mとなっています。例年、8月は太平洋高気圧に覆われ、夏型の天気で暑く晴れる日が多く降水量のですが、今年は雨の日が多く、8月は19日間暖雨が降っていました。過去にこのような天気(夏)になるのは、珍しいです。

(3)日照時間

この期間の日照時間は、461時間で平年の526時間と比べ、かなりの減少(平年の87.6%)になっています。
以上のような天候でしたが、今季の夏は、例年と比較して異常な夏だったと言えます。特に、梅雨明けが早かったのですが、夏空になった日が少なく、晴れていても雨が降った日が多く、その分降水量が増えました。
また、夏らしい天気になったのは、7月4日から11日までと7月27日から31日まで、8月は25日から31日までと、平年に比べ少なくなっていました。
8月25日に3ヶ月長期予報(9~11月)が発表されましたので、その解説と今後の傾向について解説をします。

予報の種類と予報の見方

(1)予報の種類

  1. 短期予報
    2日以内の予報。午前11時に出される予報が、当日、翌日、翌々日の天気予報に該当します。
  2. 中期予報
    7日以内の予報。週間天気予報のことで毎日11時更新。
  3. 長期予報
    1ヶ月、3ヶ月予報。毎月25日前後に出されます。

(2)予報の見方

  1. 1ヶ月予報は、その月を3区分して、気温、降水量、日照時間の3つについて予想されます。
    現在、1981年~2010年の30年間のデーターで平年値が出されています。そのため、たとえば気温、降水量、日照時間は、次の表のように表現されます。
表現

低い(少ない)

高い(多い)

出現率

30(%)

40(%)

30(%)

意味 平年値と比較して、どの出現率が高いかを表現する

たとえば、平年並みが予想される場合は上記の表現になります。左の30は平年よりも低い(少ない)傾向、右の30は平年よりも高い(多い)傾向と表現されます。40は平年並みの気温ということになります。

  1. 3ヶ月予報は、その期間の気温と降水量について、同じ形式で表現されます。

1.3か月予報(8月25日発表)

気温

30

30

40

9月

30

40

30

10月

20

40

40

11月

30

40

30

降水量

30

30

40

9月

30

30

40

10月

30

30

40

11月

30

40

30

 
 

3か月予報の解説(9月~11月)

  • (1)気温
    3か月の平均で、平年並みか高い予想です。月別では9月が平年並み、10月が平年並みかやや高い、11月が、平年並みと予想されています。
    このため、予想期間を通じて、平年並みかやや高い予想になりますが、これまでの気温傾向から平年並みに近いと予想します。ただ、11月は寒気が入りやすい傾向もありますので注意してください
  • (2)降水量
    3ヶ月の平均で平年並みかやや多いと予想されていますが、月別では、9月と10月が平年並みかやや多い、11月が平年並みと予想されています。以上のことから、9月、10月は、秋雨前線の影響と台風の影響が予想されているとみています。平年の秋に近いと予想します。

2.全体的傾向

今後の傾向

今年の秋は、これまでの傾向が続いていくと予想しています。
そのため、極端な高温傾向は予想されず、また日照時間も確保されることから比較的順調な秋になってくることになります。
しかし、今後の天気を悪くする要素として、秋雨前線の活動がどうなるか、台風の接近・上陸が予想されるのか、さらに、東部南太平洋(ペルー沖)で海水温度が低下し、ラニーニャ現象の発生が予想されていることなどが挙げられます。
特に、台風については、12号までは発生し、その内2個が影響しましたが、8月中旬以降、台風が発生していませんが、最近の傾向として、9月から10月末までは、警戒をする必要があります。
なお、
ラニーニャ現象発生が発生すると、その年の冬は寒くなる傾向になりますので、注意が必要です。

総合農業試験場企画情報室村岡精二(気象予報士)

お問い合わせ

宮崎県総合農業試験場   担当者名:企画

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805

ファクス:0985-73-2127

メールアドレス:sogonogyoshikenjo@pref.miyazaki.lg.jp