トップ > 県政情報 > 統計 > 産業統計 > 宮崎県経済の動き > 宮崎県経済の動き(平成28年)

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

宮崎県経済の動き(平成28年)

(1)全体の概況

平成28年の県内経済は、4月に発生した熊本地震による影響を受けた観光面において、各政策の効果等もあり、回復の動きがみられるとともに、雇用・労働、投資関連が上向くなど、全体としては緩やかに改善した。

(2)生産

生産指数は低下したものの、出荷指数は増加し、全体ではほぼ横ばいとなった。

(3)消費

県内の消費は一進一退の状態にあるが、4月に発生した熊本地震の影響を受けた観光面においては、「九州ふっこう割」など各政策の効果もあり、通年では前年を上回る水準まで回復した。

(4)雇用・労働

近年、新規求人数の増加と新規求職申込件数の減少が続いていることから、有効求人倍率は上昇し、労働環境は改善している。

(5)投資

宅投資、公共投資ともに増加するなど、投資全体としては改善の動きがみられた。

(6)経営・金融

企業倒産件数、負債額ともに低い水準で推移した。金融機関預金残高、貸出金残高はいずれも増加した。

(7)景気動向指数

景気動向指数は、各指数ともに、景気の拡張・縮小局面の境目となる50.0を挟んで推移しており、一進一退の状態にある。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部統計調査課企画分析担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp