ここから本文です。

更新日:2013年1月9日

将来はどんなまちになるの?

   
 
 TOP都市計画制度の内容 > 将来はどんなまちになるの?
 
 
 

都市計画のマスタープランには、次の2種類があります。
それぞれ住民に理解しやすい形であらかじめ長期的な視点に立った都市の将来像を明確にし、その実現に向けての道筋を明らかにすることがマスタープランの役割です。

●県内すべての都市計画区域について、県が市町村を超える広域的な見地から都市計画の基本的な方針を定める「都市計画区域マスタープラン」

●都市計画区域の指定のある市町村が、都市計画区域マスタープランに即し、より地域に密着した見地から、その創意工夫の下に、市町村の都市計画の基本方針を定める「市町村マスタープラン」

 
<マスタープランで定める内容>
 

2種類の都市計画のマスタープランは、都市計画法では次のように位 置づけられています。

第6条の2(都市計画区域の整備、開発及び保全の方針)
 都市計画区域については、都市計画に、当該都市計画区域の整備、開発及び保全方針を定めるものとする。

第18 条の2(市町村都市計画に関する基本的な方針)
 市町村は議会の議決を経て定められた当該市町村の建設に関する基本構想並びに都市計画区域の整備、開発及び保全の方針に即し、当該市町村の都市計画に関する基本的な方針を定めるものとする。

 
   

お問い合わせ

県土整備部都市計画課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7191

ファクス:0985-32-4456

メールアドレス:toshikeikaku@pref.miyazaki.lg.jp