ここから本文です。

更新日:2013年1月9日

どこまでがまちなのかな?

 
 TOP都市計画制度の内容 > どこまでがまちなのかな?
 
 

 都市計画を決めるために、まず、土地の使い方や建物の建て方などのルールを決めることができるまちの範囲、「都市計画区域」を県が決めます。またその範囲の中で、建物などを積極的につくっていく「市街化区域」とそうでない「市街化調整区域」に分ける「区域区分」を行うかどうか県が判断します。
  また、「都市計画区域」以外でも、農地も含め土地利用の整序又は環境の保全が必要な区域では、土地の使い方などのルールを決めることができる「準都市計画区域」を県が決めることができます。

●宮崎県における都市計画区域の設定状況
●宮崎県における区域区分の設定状況

 
 
 
 

【都市計画区域】

 人の動きやまちの発展の見通し、地形などから、ひとつのまちとして総合的に整備・開発・保全する必要のある地域を都道府県が指定します。そのまちの範囲を「都市計画区域」といいます。


【市街化区域と市街化調整区域】

 都市計画区域では、すでに市街化になっている場所や優先的・計画的に市街地にしていくための「市街化区域」と、市街化を抑える「市街化調整区域」のふたつの区域に分けるかどうか都道府県が判断します。この制度を「区域区分」といい、一般に「線引き」と呼ばれています。


【準都市計画区域】

 都市計画区域外でも、農地を含め土地利用の整序又は環境の保全が必要な区域を「準都市計画区域」として、県が指定することができます。

 
   

お問い合わせ

県土整備部都市計画課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7191

ファクス:0985-32-4456

メールアドレス:toshikeikaku@pref.miyazaki.lg.jp