トップ > 宮崎県コロナウイルス感染症対策特設サイト > 県民の皆さま > 新型コロナウイルス感染症の発生により献血に影響が出ています

更新日:2020年5月28日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の発生により献血に影響が出ています

新型コロナウイルス感染症の影響で、献血バスの受入先が減少しています。

血液は人工的に作ることができず、長期保存もできません。病気や怪我で血液製剤を必要とする方々は、皆さまの善意の献血により救われています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、各種イベントの中止、企業等におけるテレワーク・時差出勤の実施などの対応がなされ、それにより企業等で実施予定の献血が中止になるなど、献血にも影響が出ております。
現在は、県民の皆様の御協力のお陰をもちまして、医療機関で使用される輸血用血液製剤などの不足は生じておりません。皆様の御協力に感謝申し上げます。

しかしながら、この先も献血に協力いただける方が少なくなると、有効期限が短い輸血用血液製剤の在庫が不足する恐れがあります。

手軽で身近な人助け、献血に御協力をお願いします。

なお、「献血を実施する採血業」は、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和2年3月28日(令和2年4月7日改正)新型コロナウイルス感染症対策本部決定)の別添「緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者」に含まれます。

宮崎県赤十字血液センターにおける感染防止対策について

献血の受入れにあたり、宮崎県赤十字血液センターでは以下の対策などを講じています。

  • 業務に従事する職員の体温測定を行うなど健康管理の徹底、手指消毒の徹底
  • 献血予約の推進
  • 献血会場の来所者に体温測定や手指消毒を依頼
  • 使用する機材等の消毒

詳細は、宮崎県赤十字血液センターのホームページ(外部サイトへリンク)も御覧ください。

献血の種類と献血できる場所

成分献血

成分採血装置を使用して、血小板や血漿といった特定の成分だけを採血する方法です。回復に時間のかかる赤血球は体内に戻すため、全血献血と比べ体への負担が軽く、多くの血漿や血小板を採血できます。

成分献血は、献血ルーム「カリーノ」で行えます。受付から終了まで90~120分程度かかります。

献血ルーム「カリーノ」での成分献血は予約が可能ですので、献血される方が一時期に集中するのを防ぐためにも、お電話又はウェブサイト「ラブラッド」(外部サイトへリンク)からの御予約に御協力ください。

献血ルーム「カリーノ」

  1. 場所:宮崎市橘通東4-8-1(カリーノ宮崎3階)
  2. 電話番号:0120-77-2257
  3. 受付時間
    • (全血献血)午前9時30分~午後1時20分、午後2時30分~午後5時20分
    • (成分献血)午前9時30分~午後0時30分、午後2時30分~午後4時30分

全血献血(400mL献血、200mL献血)

200mLまたは400mLの血液(全血)を採血する方法です。最近は医療機関等の需要に合わせ、400mL献血の御協力をお願いしています。

全血献血は、献血ルーム「カリーノ」または移動献血バスで行えます。受付から終了まで約40~60分程度かかります。

宮崎県赤十字血液センターより献血バス配車の依頼等があった場合には、積極的に御協力いただきますようお願いします。また、宮崎県赤十字血液センターでは、献血に御協力いただける企業・団体を募集しております。

詳細及び献血バスの運行情報は宮崎県赤十字血液センターホームページ(外部サイトへリンク)を御確認ください。

関連リンク(献血についてもっと知りたい方へ)

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課薬務対策室薬務担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7060

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:yakumutaisaku@pref.miyazaki.lg.jp