トップ > 健康・福祉 > 医療 > 医薬品 > 令和元年度宮崎県ジェネリック医薬品安心使用促進協議会議事概要について

ここから本文です。

更新日:2020年11月17日

令和元年度宮崎県ジェネリック医薬品安心使用促進協議会議事概要について

令和元年度宮崎県ジェネリック医薬品安心使用促進協議会の議事概要は以下のとおりです。

1.日時

令和元年7月26日(金曜日)午後3時から5時まで

2.会場

県庁9号館932会議室

3.出席者

  • (1)委員
    14名中12名出席
  • (2)事務局ほか
    薬務対策室3名、国民健康保険課1名(4.議題(4)その他取り組み紹介のため出席)

4.議題

委員改選後、初めての会議のため、会長選出を行なった。

事務局が各委員に対して意見を求めたところ、意見がなかったため、事務局より山本委員を会長とする案を提案した。各委員に諮ったところ、各委員からの異議はなく、山本委員が会長に選出され、以下の議事を進行した。

(1)本県におけるジェネリック医薬品の使用状況について

事務局より本県の使用状況のほか、全国の状況、今後の目標について説明があった。

(会議資料1~6ページ)

(2)平成30年度事業の実施状況について

事務局より平成30年度の事業について報告があった。(会議資料7,8,12~17ページ)

(3)令和元年度事業計画(案)について

事務局より令和元年度事業計画案の説明があり、委員、事務局との協議の結果、事業計画を決定した。(会議資料9ページ)

(4)その他

  • 事務局より平成30年度宮崎県ジェネリック医薬品流通実態調査結果について報告があった。
    (会議資料10,11ページ)
  • 全国健康保険協会宮崎支部より県内におけるジェネリック医薬品使用促進に係る取り組みの紹介があった。
  • 国民健康保険課より第2期宮崎県医療費適正化計画の実績評価及び保険者協議会におけるジェネリック医薬品使用促進の取り組みについて紹介があった。

5.質疑、意見等の概要

(1)本県におけるジェネリック医薬品の使用状況について

市町村のジェネリック医薬品使用割合について

  • 委員:
    市町村の使用割合が低い原因はどのように分析しているか。
  • 事務局:
    当該市町村及びその周囲にある医療機関でのジェネリック医薬品使用割合が低いことが1つの原因と考えられるが、詳細には分析は出来ていない。
    医療機関の方針ということもあるとは考えられるが、処方する側としては使い慣れた医薬品には安心や信頼感がある。そのためジェネリック医薬品の使用が進んでいないのではと考えられる。
  • 委員:
    市町村のジェネリック医薬品への転換推進取り組みの差もあるとは考えられる。
  • 会長:
    市町村個々の取り組みの差を精査することで使用割合が低い市町村を上げる施策も出てくるのではないか。

ジェネリック医薬品の品質について

  • 委員:
    先発品とは添加物の違いにより100%先発品と同じとは言えないと考えている。これによりジェネリック医薬品には先発品と同じ効果がないものがあり、治療上先発品を使わざるを得ない医師もいるのではないか。
  • 会長:
    ジェネリック医薬品の品質は以前と比べて良くなっているのか。
  • 委員:
    ジェネリック医薬品は承認されるまでの試験数が(先発品と比較して)少なくてすむ。そのため作りやすいと言える。しかし、企業努力により要求される試験以外の実施や情報の収集、医療機関への情報提供など、質の向上に努めている。また、先発医薬品メーカーが製造するジェネリック医薬品も増えてきており、質は良くなっていると感じている。

(2)平成30年度事業の実施状況について

協議会で実施したジェネリック医薬品製造工場視察に参加した委員の感想

  • 委員:
    注射剤の製造工場を視察させていただいた。品質管理部署では多くの試験を実施されており、また、工場内は温湿度が厳密に管理されていた。
    工場視察は薬剤師の方が多いと伺った。安心につながると思うので、医師にも見学していただきたい。

(3)令和元年度事業計画案について

新聞広告による使用促進啓発について

  • 委員:
    新聞広告はジェネリック医薬品を使用することで医療費がどのくらい節約できるのか数字(金額)を出したら良いと思う。分かりやすいと思うし、それならジェネリック医薬品にかえてもらおうかと考えるきっかけづくりになると思う。
  • 委員:
    啓発資材について以前作成した診察券ホルダーは良かった。使用している方からは大変好評だった。診察券ホルダーも便利だが、血圧手帳やお薬手帳もセットで入るものがなお良いのではないか。
  • 事務局:
    いただいた意見について参考にさせていただく。

6.資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課薬務対策室薬務担当 担当者名:壹岐

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7060

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:yakumutaisaku@pref.miyazaki.lg.jp