本文へスキップ

宮崎県林業技術センター

現在地:トップページの中の試験研究

試験研究

試験研究テーマ:平成29年度(2017年度)

育林環境部の主なテーマ(林業経営、育林、森林機能保全、森林保護、林木育種)

森林資源開発部の主なテーマ(特用林産、木質バイオマス等森林資源)

育林環境部

長伐期施業等に対応した森林管理に関する研究
人工林の高齢級化や長伐期施業に対応した森林管理及び収穫予測を行うため、システム収穫表の作成を行う。
早生樹林等の造成及び管理技術に関する研究
短期収入が期待される早生樹等の導入の可能性を検証するため、各樹種に適した育苗方法及び初期の生育状況等について明らかにする。
スギのコンテナ苗の現地実証試験
通年植栽が可能なスギコンテナ苗の植付け作業工程や植栽後の生育状況などを調査し、活着や成長特性などを明らかにする。
有用広葉樹のコンテナ苗の育成試験
多様な森林の造成を図るため、有用広葉樹のコンテナ苗について、植栽後の成長調査を行う。
優良スギ品種の特性把握と選抜に関する研究
(「気候変動に適応した花粉発生源対策スギの作出技術開発」)
精英樹や在来品種、人工交配品種の成長や材質等の特性を明らかにすることで優れた品種を特定する。
 (将来、気温が上昇した場合を想定して県内の温暖な地域に植栽試験地を設定し、測定・分析を行う。)
抵抗性クロマツの育種技術に関する研究
マツノザイセンチュウ病に対する抵抗性の高いクロマツ品種を特定するとともに、挿し木による抵抗性クロマツ苗木の高品質化に取り組み、安定した種子及び穂木の生産体制づくりを行う。 
クヌギ林のシカ被害防止技術に関する研究
伐採高を変えたクヌギ萌芽試験地を設定し、萌芽枝の発生とシカ食害の関係を明らかにして、防護柵等に代わる新たな食害防止策としての可能性を検討する。

森林資源開発部

原木シイタケ生産における作業効率と収量アップを図るための栽培技術の開発
乾シイタケ栽培における労働力の省力化と収量アップを図るための操作技術を開発する。
人工被陰資材を活用した原木シイタケのほだ木育成技術の開発
原木シイタケの完熟ほだ化を図るために、低コストな人工被陰資材等を活用した栽培技術を開発する。
人工気象室を用いた気候変動による原木しいたけへの影響に関する研究
人工気象室を用いて今後予想される気象変動による原木シイタケ栽培への影響を調査し、地球温暖化に対応した栽培技術を開発する。
特定防除資材を用いた病害防除技術に関する研究
シイタケ原木栽培において被害を与える菌寄生性の病原菌に対して、特定防除資材の一つである食酢を用いた防除方法を確立する。
クヌギの大径材等を利用した菌床シイタケ栽培技術の開発
食用キノコの多くが菌床で栽培されているが、価格の低迷や生産コストの上昇等により厳しい経営状況にある。 このため、クヌギの大径材等、中山間地域に豊富に存する未利用資源を菌床シイタケ用の培地材料として活用する技術を開発する。
菌床アラゲキクラゲの栽培技術の確立
中山間地域の有望な作物となり得る菌床アラゲキクラゲを、ビニールハウス等簡易施設を利用して安定的に生産できる技術を確立する。
スギバークなど環境にやさしい木質系の蓋を活用した成型駒による原木シイタケ栽培技術に関する研究
環境への負荷が少なく、また、有機JASの取得が可能な樹皮や紙等の木質資源を利用した新たな成型駒用の蓋の開発とその成型駒を使用した原木シイタケの栽培技術を確立する。
新たな特用林産物の栽培技術に関する研究
場内に山菜等の展示圃場を整備するとともに、地域に自生する、農林家の複合経営作物として有望かつ新たな特用林産物を探索し、その栽培技術を確立する。
木質バイオマスの安定供給に関する研究
主伐地におけるバイオマス資源(末木・枝条等)の発生量及び利用量を調査し、単位面積当たりの賦存量を推定する手法を開発するとともに、効率的な搬出方法について調査・検証を行う。


トップページにもどる

ページの先頭にもどる
宮崎県林業技術センター 〒883-1101 宮崎県東臼杵郡美郷町西郷田代1561-1 電話 0982-66-2888 Fax 0982-66-2200 E-mail:ringyogijutsu-c@pref.miyazaki.lg.jp