トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 南海トラフ地震の被害想定及び計画 > 本県における最大クラスの地震・津波の各種想定及び新たな地震減災計画について

ここから本文です。

更新日:2014年1月30日

本県における最大クラスの地震・津波の各種想定及び新たな地震減災計画について

平成26年1月30日宮崎県津波浸水想定における浸水開始時間予測について

市町や地域で今後取り組む津波避難対策に役立ててもらうため、昨年2月に公表した津波浸水想定を基に、時間経過に伴う浸水開始時間の予測図を作成しました。

平成25年12月4日「新・宮崎県地震減災計画」の策定について

今回、本県における最大クラスの地震・津波に対して、これまでの検討結果を踏まえ、「宮崎県地震減災計画(平成19年3月)」に、南海トラフ巨大地震に対策する対策を追加し、今後取り組むべきソフト、ハードの総合的な減災対策をとりまとめた「新・宮崎県地震減災計画」を策定しました。

平成25年10月31日県における南海トラフ巨大地震等に伴う被害想定について

南海トラフ巨大地震の発生に備えるため、国(内閣府)では、平成24年8月と平成25年3月の2回に分けて、南海トラフで科学的に考えられる最大クラスの地震予測や津波高、各種被害の想定を公表したところですが、県では、この内容をより詳細に検討し、県内の現況を可能な限り反映した地震や津波の想定を行なうとともに、これらに起因する各種被害想定を取りまとめました。

平成25年10月1日県における最大クラスの地震動に関する想定について

地震動に関する想定について、最大クラスの地震による震度分布、液状化可能性予測及び急傾斜地崩壊危険度予測の3点について、宮崎県防災会議・地震専門部会での審議を経て、検討結果がまとまりました。

平成25年2月19日県としての新たな「津波浸水想定」の設定について

では、東日本大震災での津波被害を踏まえて、県としての新たな「津波浸水想定」を設定することとし、宮崎県防災会議・地震専門部会での検討を経て、2月18日に設定しました。

お問い合わせ

総務部危機管理局危機管理課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7064

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-kikikanri@pref.miyazaki.lg.jp