トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業経営・技術 > サツマイモ基腐病対策について

掲載開始日:2022年3月10日更新日:2022年3月10日

ここから本文です。

サツマイモ基腐病対策について

サツマイモ基腐病とは

「サツマイモ基腐病」は、糸状菌(カビの一種)が原因で、主にかんしょ(ヒルガオ科のみ)に感染する病害です。感染するとかんしょの地際部の茎が黒変し、病徴が進むと葉や茎が枯死し、その後、塊茎(芋)が腐敗します。他の病害に比べて感染力が強く、短期間で被害が拡大し、多発したほ場では大幅な減収が見られるなど重大な被害をもたらします。宮崎県では平成30年度の発生確認後、被害が続いており、被害防止・軽減が大きな課題となっています。

病気の主な伝染

  • 病原菌が感染した塊根(種芋)と感染した苗でほ場内に侵入します。
  • 病気に感染した株にできた胞子が、降雨やほ場の停滞水などにより周辺の健全なかんしょに感染し、病気が広がります。
  • 前作のかんしょ栽培で病害が発生したほ場では、感染した残渣が分解されずに残ると、次作の伝染源となります。

サツマイモ基腐病対策

「サツマイモ基腐病」対策は、病原菌を「持ち込まない」、「増やさない」、「残さない」の三つが柱で、総合的な取組が重要です。生産の各工程でしっかりと対策を実践しましょう。
対策の詳細については、宮崎県版の農業者向け「対策マニュアル(令和3年度版)」をご確認ください。

宮崎県サツマイモ基腐病対策マニュアル(令和3年度版)

サツマイモ基腐病対策マニュアル(令和3年度版)(PDF:3,264KB)

サツマイモ基腐病


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部農産園芸課畑作農業担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7338

メールアドレス:nosanengei@pref.miyazaki.lg.jp