トップ > しごと・産業 > 労働・雇用 > 労働者福祉 > あなたの会社も「仕事と家庭の両立応援宣言」しませんか?

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年12月6日

あなたの会社も「仕事と家庭の両立応援宣言」しませんか?

宮崎県では、「仕事と家庭の両立応援宣言」企業・事業所を募集しています!県庁犬

宮崎県でも少子化が進行しており、その原因の一つとして、女性の「仕事」と育児や介護などの「家庭」との両立に対する負担感が指摘されています。
男性も、仕事だけでなく家庭も大事にしたいという人が増えており、多様な価値観を持った従業員が意欲的に仕事に取り組むことができるように、ニーズに合わせた柔軟な対応をとることが、長期的には企業業績の改善につながっていきます。
仕事と家庭との両立を進めるためには、それぞれの企業等においても、「働かせ方」を見直し、職場の意識改革が求められています。

仕事と家庭の両立応援宣言とは?

宣言書見本

企業・事業所のトップの方から、従業員が仕事と家庭の両立ができるような、「働きやすい職場づくり」の取組みを宣言してもらう制度です。
県では、宣言企業・事業所を登録し、宣言書を交付します。

言に取り組むと・・・こんなメリットがあります。

  1. 職場の活性化につながります。働きやすい職場になることで従業員のやる気が高まります。これにより、優秀な人材の確保・定着を図ることができます。
  2. イメージアップできます。県のホームページや刊行物などで広く紹介します。
  3. 次世代法に基づく行動計画の公表先として活用できます。次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画の公表もあわせて行うことができます。

宣言内容は?

「働きやすい職場づくり」のための取組宣言(具体的なもの)をお考えください。いくつでも構いません。ハードルを高くせず、できることから、一歩でも前進するもので構いません。
職場の実情を再確認し、従業員のニーズをふまえたものにしてください。子育てをしている従業員だけでなく、子育てをしていない従業員も対象となります。

<宣言例>

  1. 子どもをもつ従業員の学校行事やPTA活動への積極的な参加を推奨します
  2. 有給休暇の取得率○%アップを目指します
  3. 育児休業を、法定期間よりも長く○年までとします
  4. 社内報への掲載等により育児・介護休業制度の周知・取得促進に努めます

多くの企業さんからは下の「仕事と家庭の両立応援宣言例」から宣言項目を選んで登録していただいております。もちろん実状に合わせた独自の内容でも構いません。ぜひご参照ください。

募集対象事業所は?

宮崎県内に事業所がある、全ての企業・事業所から募集します。事業所規模は問いません。

募集・登録方法は?

宣言登録申込書を、下記“お問い合わせ先”へEメール又は郵送・FAXでご提出ください。
ご提出後、県の職員が訪問いたします。なお、宣言内容等は、担当職員が訪問した際に決めていただいても構いません。
募集・登録ともに随時行います。

意:申込書・記載例は下記よりダウンロードできます。

どんな企業・事業所が登録していますか?

ひなたロゴ平成18年10月1日に登録を開始しました。

今年で11周年を迎え、平成29年12月1日現在で983件の登録をしていただいております。

子育て応援運動の一環です!

「仕事と家庭の両立応援宣言」は、こども政策課の「子育て応援運動」と連携して実施しています。詳しくは「子育てを応援する企業等の募集」のページでご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工観光労働部雇用労働政策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7106

ファクス:0985-32-3887

メールアドレス:koyorodoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp