トップ > 県政情報 > 統計 > 産業統計 > 平成16年商業統計調査結果(確報)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2006年3月1日

平成16年商業統計調査結果(確報)

概況

【事業所数・年間商品販売額・就業者数・売場面積(平成14年、16年)、前回比】
  平成14年 平成16年 前回差 前回比(%) 全国(%)
事業所数 17,293 16,795 -498減 -2.9減 -3.9減
事業所数の内訳 卸売業 3,225 3,250 25 0.8 -1.1減
小売業 14,068 13,545 -523減 -3.7減 -4.8減
年間商品販売額
(億円)
26,965 26,904 -61減 -0.2減 -1.7減
年間商品販売額の内訳 卸売業 15,887 15,409 -478減 -3.0減 -1.9減
小売業 11,078 11,494 416 3.8 -1.4減
就業者数(人) 104,703 105,030 327 0.3 -1.6減
就業者数の内訳 卸売業 26,882 26,845 -478減 -0.1減 -3.9減
小売業 77,821 78,185 416 0.5 -0.5減
売場面積(小売業)
(平方メートル)
1,447,170 1,600,008 152,838 10.6 2.5

注意)就業者数は、従業者数に臨時雇用者及び出向・派遣受入者数を加えたもの(就業者数は平成11年から調査)。

事業所数

事業所数は16,795事業所で、前回調査に比べ498事業所(-2.9%)減少し、平成6年調査以降5回調査連続で減少したが減少幅は縮小し、全国(-3.9%)と比べて低い減少率となった。
卸売業は3,250事業所で、前回調査に比べ25事業所(0.8%)増加し、全国が-1.1%の減少となるなか、平成6調査以降減少が続いていたが、5回調査ぶりに増加に転じた。
小売業は13,545事業所で、前回調査に比べ523事業所(-3.7%)減少し、昭和60年調査以降8回調査連続で減少したが、減少幅は縮小し、全国(-4.8%)と比べ低い減少率となった。

年間商品販売額

年間商品販売額は2兆6,904億円で、前回調査に比べ61億円(-0.2%)減少し、平成6年調査以降5回調査連続で減少したが、減少幅は縮小し、全国(-1.8%)と比べて低い減少率となった。
卸売業は、1兆5,409億円で、前回調査に比べ478億円(-3.0%)減少し、平成6年調査以降5回調査連続で減少したが、減少幅は縮小した。
小売業は、1兆1,494億円で、前回調査に比べ416億円(3.8%)増加し、平成11年調査以降減少していたが3回調査ぶりの増加となり、全国が-1.4%の減少となるなか、全国第1位の増加率となった。

就業者数

就業者数は105,030人で、前回調査に比べ327人(0.3%)増加し、全国(-1.6%)が減少するなか、微増となった。
卸売業は26,845人で、前回調査に比べ37人(-0.1%)減少し、前回調査に引き続き減少したが、減少幅は縮小し、全国(-3.9%)に比べて低い減少率となった。
小売業は、78,185人で、前回調査に比べ364人(0.5%)増加し、全国が-0.5%の減少となるなか、微増となった。

事業所数、年間商品販売額、従業者数の推移(商業計)

事業所数、年間商品販売額、従業者数の推移(卸売業)

事業所数、年間商品販売額、従業者数の推移(小売業)

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp