マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

屋外広告業の登録の手続について

  1. 登録を受ける必要がある場合
    宮崎県の区域内において、「屋外広告業」を営もうとする法人又は個人は、宮崎県の登録を受ける必要があります。
    「屋外広告業」とは、広告主から広告物の表示又は広告物を掲出する物件の設置に関する工事を請け負い、屋外で公衆に表示することを業として行なうことをいい、元請け、下請けを問いません。
  2. 登録の有効期間
    屋外広告業の登録の有効期間は5年です。
    有効期間が終了した後も、引き続き屋外広告業を営もうとする方は、有効期間満了の30日前までに登録の更新申請を行なってください。
  3. 登録を受けないで営業した場合
    無登録のままで屋外広告業を営んだ場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることがあります。
  4. 宮崎市内で屋外広告業を営む場合
    宮崎市内で屋外広告業を営む場合は、宮崎県の登録とは別に宮崎市への届出が必要です。下記3.(3)宮崎市への特例屋外広告業届を参考にしてください。

1.登録の手続・書類

次のアからカまでの書類等をそろえて、都市計画課に登録申請を行なってください。郵送による書類の提出も受け付けています。

  • 登録申請書の提出・郵送先
    • 〒880-8501宮崎市橘通東2丁目10番1号
    • 宮崎県県土整備部都市計画課美しい宮崎づくり推進室美しい宮崎づくり推進担当

ア.屋外広告業登録申請書

イ.誓約書

  • 登録申請者(個人、法人)が誓約します。登録申請者が法人の場合は、法人及び役員が登録拒否要件に該当しないことを誓約する必要があります。
  • 役員とは、業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいい、株式会社又は有限会社の取締役、合名会社の社員、合資会社の無限責任社員、合同会社の業務執行社員、委員会設置会社の執行役、法人格のある各種組合等の理事等を指し、監事、監査役、有限責任社員、社外取締役の登記のある者等は役員に含まれません。
  • 法人である登録申請者の誓約書は、法人の商号又は名称及び代表者名を記入し、代表者印(法人印)を押印してください。
  • 個人である登録申請者の誓約書は、それぞれ個人名を記入し、押印(認め印で可)してください。
  • 登録申請者が未成年者の場合は、当該未成年者及びその法定代理人が誓約書を提出する必要があります。
  • 誓約書(別記様式第20号)(ワード:35KB)
  • 誓約書(別記様式第20号)(PDF:62KB)
  • 【記入例】誓約書(PDF:57KB)

ウ.略歴書

エ.業務主任者の資格証及び申請者の従業員であることの証明書

  • 屋外広告物講習会修了証、屋外広告士の試験合格証、職業能力開発促進法免許所持者など「業務主任者の資格」証明書類の写し
    屋外広告物講習会修了証は、宮崎県以外の都道府県・市が開催した屋外広告物講習会のものでも有効です。
  • 業務主任者が申請者の従業員であることを証明する書類の写し
    業務主任者の源泉徴収票や社会保険証の写し、在籍証明書(任意様式)等です。社会保険証には事業者名が記載されていない場合があります。その場合は、社会保険証以外で証明できる書類を提出してください。
    なお、業務主任者が法人の役員もしくは申請者本人(個人)である場合は不要です。

オ.登記事項証明書(法人)又は住民票抄本(個人)<注意:コピー不可>

  • 登録申請者が法人の場合は、登記事項証明書が必要です。なお、登記事項証明書は現在事項全部証明書又は履歴事項全部証明書のいずれかをご準備ください。
  • 登録申請者が個人(未成年者を含む。)の場合は、本人の住民票の抄本が必要です。 住民票の抄本は、「マイナンバー制度」における個人番号が記載されていないもの、又は省略されているものを提出してください。ただし、本県に住民登録しており、住民基本台帳ネットワークシステムを利用することができる場合は、住民票の提出を省略することができます。
  • 法人の場合は、役員の住民票の抄本は不要です。
  • 登録申請者が営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者の場合は、その法定代理人の住民票の抄本(法定代理人が法人である場合は、登記事項証明書)も必要です。

カ.登録申請手数料

屋外広告業の登録申請を行なう際に、下記の登録申請手数料を宮崎県収入証紙により納付していただく必要があります。登録申請書の所定の欄に宮崎県収入証紙を貼り付けてください。

  • 新規登録申請:10,000円
  • 更新登録申請:10,000円

主な「宮崎県収入証紙売りさばき所」

(一社)宮崎県職員互助会(宮崎県庁本館1階)、県の各総合庁舎の売店、宮崎県の農業協同組合の本店、支店、出張所等で取り扱っております。

宮崎県外の方で近くに「宮崎県収入証紙売りさばき所」がない場合

宮崎県外に宮崎県収入証紙を販売している場所はありません。宮崎県職員互助会が郵送での販売を受け付けておりますのでお問い合わせください。

  • 現金書留又は普通(定額小)為替証書(10,000円分)を利用する場合は、返信用封筒(郵送料分の切手をお貼りください。)とともに、宮崎県職員互助会へ郵送してください。
    宮崎県収入証紙及び領収書を返送いたします。

  • 銀行振込を利用する場合は、10,000円に郵送料を加えた額(金額については宮崎県職員互助会に御確認ください。)を、事前に宮崎県職員互助会へ連絡の上、指定の口座に振り込んでください。
    宮崎県収入証紙及び領収書を返送いたします。
    なお、振込手数料につきましては振込をされる方の負担となりますので御了承ください。

現金や為替証書等を都市計画課(登録申請書の提出先)に直接郵送するのは御遠慮ください。

お問い合わせ先

  • 〒880-8501宮崎市橘通東2丁目10番1号
  • 一般社団法人宮崎県職員互助会(電話.0985-26-7264)
  • 口座番号:宮崎銀行県庁支店、普通預金:1084492
  • 口座名義:一般社団法人宮崎県職員互助会理事長

2.申請書類の最終確認及び現在の登録状況

登録申請を行なう前の最終確認

もう一度、必要な書類や記載事項が不足していないか、確認してください。

(参考)登録業者について

現在登録されている業者は、以下のとおりです。

3.登録後に必要な手続等について

(1)標識

営業所ごとに、公衆の見やすい場所に掲げなければなりません。

(2)帳簿

  • ア.帳簿は、営業所ごとに作成し、次の事項を記載しなければなりません。
    • 注文者の商号、名称又は氏名及び住所
    • 広告物等の表示又は設置の場所
    • 表示し、又は設置した広告物等の名称又は種類及び数量
    • 当該表示又は設置の年月日
    • 請負金額
  • イ.紙上に記録・印字したものに代えて、電子計算機(コンピューター)内や磁気ディスク等(フロッピー・ディスク、CD-ROM等)に保存したものでも結構です。
  • ウ.保存期間:5年間

帳簿は、各事業年度の末日をもって閉鎖し、閉鎖後5年間は営業所ごとに保存しなければなりません。

(3)宮崎市への特例屋外広告業届

宮崎市でも屋外広告業を営む場合は、宮崎県の登録を受けた後、宮崎市へ特例屋外広告業届出を行なってください。変更の届出、廃業の届出も同様に行なってください。

宮崎市の特例屋外広告業届出のお問い合わせ先

  • 〒880-8505宮崎市橘通西1丁目1番1号
  • 宮崎市景観課屋外広告物指導係
  • 電話番号:0985-21-1817

4.その他の手続等

(1)変更の届出

登録を受けた後、登録した事項に変更が生じた場合、その日から30日以内に届出をしなければなりません。変更事項によって、添付する書類が次のとおり定められているので注意してください。

  1. 商号、氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
    • (法人の場合)登記事項証明書(法人の所在地、名称、代表者の氏名の変更)
    • (個人の場合)住民票の抄本(個人の氏名、住所の変更)
  2. 県内において営業を行なう営業所の名称及び所在地(追加・削除を含む。)
    • 登記がされている場合は登記事項証明書(登記がない場合は必要ありません。変更届出書のみ提出してください。)
  3. 法人にあっては、その役員
    • 登記事項証明書(退任のみである場合も含む)
    • 誓約書(新規登録に準じて作成)、略歴書(新たに就任した役員の分のみ)
  4. 未成年者にあっては、その法定代理人の氏名及び住所
    • 誓約書、略歴書及び住民票の抄本(法人にあっては登記事項証明書)
  5. 業務主任者の氏名及び所属する営業所の名称
    • 業務主任者の資格を証明する書類及び従業員であることの証明書

(2)廃業等の届出

屋外広告業者が廃業等をした場合は、届出をする必要があります。

登録者が廃業(解散、死亡)し、他の者に事業を譲渡する場合は、譲渡した者(清算人、相続人)は変更届出ではなく廃止届出を行い、譲り受けた者は新規の登録申請を行なう必要があります。

個人営業の方が株式会社設立等を行い法人営業となる場合は、法人は個人とは別人格として扱われますので、個人営業の廃止届出を行い、法人として新規の登録申請を行なう必要があります。

(3)罰則及び関係法令等

屋外広告業の登録に関し、条例に違反した場合、罰則が科せられます。
また、登録を取り消されることがあります。

屋外広告物条例などの法令は「宮崎県屋外広告物制度」の「参考法令」のページをご覧ください。

関連するページへのリンク

宮崎県屋外広告物、宮崎県屋外広告物規制概要図については、以下のページで説明しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部美しい宮崎づくり推進室美しい宮崎づくり推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-24-0041

ファクス:0985-32-4456

メールアドレス:utukushii@pref.miyazaki.lg.jp