高齢者運転免許返納メリット

最終更新日:2018年6月21日

制度の趣旨

の制度は、運転に不安を持つ高齢者(65歳以上)が運転免許証を自主的に返納しやすい環境を整備する一環として、宮崎県警察が各機関・団体等の協力を得て、運転免許証を返納した高齢者の支援を行う制度(メリット)を構築し、高齢者の交通事故防止を推進するものです。
納は、あくまでも本人の意志が原則です。

メリットの種類等

ス料金割引、飲食料金割引、温泉入浴料金割引、ホテルや旅館の宿泊料金割引、預貯金の金利優遇等があります。
齢者の生活圏(通院や買い物等)を考慮する必要があることから、原則として各地区〔警察署の管轄〕ごとにメリット制度を構築しています。
各警察署管轄内返納メリットの詳細は下記ページをご覧下さい。

制度の開始日、導入の背景

制度の開始日

平成20年4月1日から

人口の高齢化

  • 高齢者人口:32万9,430人(平成28年10月1日現在)
  • 高齢化率:30.3%(全国平均は26.7%)

高齢者の運転免許保有者の増加

  • 20万2,404人(平成28年12月28日現在)
    全体保有者の26.6%、10年前の約1.5倍

高齢者の交通事故

  • 加害事故(人身事故)

平成19年:1,522件→平成28年:2,086件(約1.4倍)

  • 死者

平成26年:49人中31人(63.3%)
平成27年:52人中35人(67.3%)
平成28年:45人中30人(66.7%)

申請による取消しの法的根拠

路交通法第104条の4で、免許を受けた者は、その者の住所地を管轄する公安委員会に免許の取消しを申請して免許を取消すことができる。となっており、加齢や病気による身体機能低下を感じる人等は、公安委員会に有効期間のある運転免許の取消し(全部取消し又は一部取消し)を申請することができます。
全部取消しをした高齢者の方がメリット制度を利用できます。

申請手続き等

手続き場所

各警察署交通課窓口、又は宮崎、都城、延岡の運転免許センター

必要なもの

自動車運転免許証、写真

返納した時点で運転免許は失効します。自分で車に乗って来ないで下さい。

(宮崎・都城・延岡の運転免許センターでは、写真不要)

高齢者運転免許証返納カードを交付(無料)

全部取消しの返納高齢者に「高齢者運転免許証返納カード」を希望に応じて交付

申請により運転経歴証明書を交付(手数料1,100円)

「高齢者運転免許証返納カード」「運転経歴証明書」を提示してメリット制度を利用できます。