安全運転管理者等の届出手続き

最終更新日:2018年5月29日

安全運転管理者等の選任が必要な場合

動車の使用者は、使用する自動車の台数に応じて、次のように安全運転管理者等を選任しなければなりません。

一般事業所:自動車の使用の本拠ごとに選任

(1)安全運転管理者の選任を必要とする自動車の台数

  • 乗車定員11人以上の自動車=1台以上
  • その他の自動車=5台以上

【大型・普通自動二輪車(原付は含まない。)=1台をそれぞれ自動車0.5台分として計算】

(2)副安全運転管理者の選任を必要とする自動車の台数

  • 自動車20台以上=副安全運転管理者を20台ごとに1人以上選任

自動車運転代行業者:自動車運転代行業の営業所ごとに選任

(1)安全運転管理者の選任を必要とする台数

  • 随伴用自動車=1台以上

(2)副安全運転管理者の選任を必要とする自動車の台数

  • 随伴用自動車10台以上=副安全運転管理者を10台ごとに1人以上選任

届出が必要な場合及び届出書類

新しく安全運転管理者を選任する場合、及び異動・退職等で安全運転管理者を変更する場合

<提出書類>

  • 安全運転管理者に関する届出書(両面):2通
  • 自動車運転管理の実務経験に関する証明書:2通
  • 住民票または運転免許証の写し:1通
  • 運転記録証明書(3年または5年):1通

(注意)運転記録証明書取得についての説明
警察署、交番、郵便局に置いてある申込用紙を使用して、郵便局で申込みをして下さい。申込みから約2週間で取得出来ます。

廃業、車両台数の減少に伴い安全運転管理者を解任する場合

<提出書類>

  • 安全運転管理者に関する届出書(両面):2通

(注意)作成するのは安全運転管理者に関する届出書のみになります。

新しく副安全運転管理者を選任する場合、及び異動・退職等で副安全運転管理者を変更する場合

<提出書類>

  • 副安全運転管理者に関する届出書(両面):2通
  • 運転経歴書:2通(運転免許証の写しでもかまいません。)
  • 住民票または運転免許証の写し:1通
  • 運転記録証明書(3年または5年):1通

車両台数の減少に伴い副安全運転管理者を解任する場合

<提出書類>

  • 副安全運転管理者に関する届出書(両面):2通

(注意)作成するのは安全運転管理者に関する届出書のみになります。

届出事項が変更になった場合

名・代表者・住所・電話番号・車両台数・運転者数が変更になった場合は「安全運転管理者に関する届出書」に変更になった事項を記載して届出

解任届を提出する場合の補足説明

任届は台数減・廃業・事業所統合等、事業所に管理者を置く必要がなくなった場合のみ提出となります。
理者を変更する場合、「前安全運転管理者(前副安全運転管理者)」欄に前管理者名を記入することで、前管理者の解任を兼ねることになりますので別途、解任届を提出する必要はありません。

記載例

安全運転管理者等届出書記載例(PDF:252KB)

届出書類の入手方法

警察署交通課受付又は、下記リンクをクリックして下さい。

届出先

自動車を使用する本拠の位置を管轄する警察署交通課に届出