所長挨拶 研究所の紹介 発表・調査研究 情報・ニュース 宮崎県感染症情報センター 見学と研修のお申し込み リンク集 お問い合わせ

宮崎県感染症情報センター

宮崎県感染症発生動向調査2017年第20号

第19巻20号[宮崎県第20週(5/15〜5/21)全国第19週(5/8〜5/14)]

宮崎県感染症週報

宮崎県感染症情報センター
宮崎県健康増進課
宮崎県衛生環境研究所

宮崎県第20週の発生動向

今週のトピックス

麻しん(全数把握対象)の報告が1例あった(2014年34週以来の報告)。宮崎市保健所管内からの報告で、20歳代女性、海外渡航歴があった。ワクチン接種歴は2歳時に1回目を接種し、2回目は接種していなかった。
※この方は、5月17日に宮崎空港を利用されています。5月17日13時〜15時に宮崎空港を利用された方で、発熱、発疹のある方は、受診前に医療機関または保健所へ必ず連絡ください。

全数報告の感染症(20週までに新たに届出のあったもの)
  • 1類感染症:報告なし。2類感染症:結核2例。3類感染症:報告なし。4類感染症:報告なし。
  • 5類感染症:急性脳炎1例、破傷風1例、麻しん1例。

全数把握対象疾患累積報告数(2017年第1週〜19週)

(   )内は今週届出分、再掲

定点把握の対象となる5類感染症

定点医療機関からの報告総数は706人(定点当たり21.4)で、前週比93%と減少した。なお、前週に比べ増加した主な疾患はA群溶血性レンサ球菌咽頭炎で、減少した主な疾患は感染性胃腸炎と水痘である。

インフルエンザ・小児科定点からの報告

【手足口病】
報告数は112人(3.1)で、前週比104%とほぼ横ばいであり、例年同時期の定点当たり平均値*(0.81)の約3.8倍である。中央(19.0)、都城(7.2)保健所からの報告が多く、年齢別は1〜2歳が全体の約6割を占めた。

【A群溶血性レンサ球菌咽頭炎】
報告数は136人(3.8)で、前週比136%と増加し、例年同時期の定点当たり平均値*(2.8)の約1.3倍である。高千穂(9.0)、中央(7.0)、日南(6.3)保健所からの報告が多く、年齢別は3〜7歳が全体の約6割を占めた。

*過去5年間の当該週、前週、後週(計15週)の平均値

基幹定点からの報告

○マイコプラズマ肺炎:
高鍋保健所から2例報告があり、0〜4歳であった。

○感染性胃腸炎(ロタウイルス):
延岡(5例)、宮崎市、日南、日向(各1例)保健所から報告があり、0〜4歳が5例、5〜9歳が3例であった。なお、病原体の群別は不明である。

保健所別 流行警報・注意報レベル基準値超過疾患

病原体検出情報(衛生環境研究所微生物部 平成29年5月22日までに検出)

【細菌】

【ウイルス】

○麻疹疑いと診断された患者から麻疹ウイルスが検出された。麻疹の検査は検体として、咽頭ぬぐい液、血液、尿を用いる。N(核タンパク質)およびH(ヘマグルチニン)遺伝子のRT-nested PCRを実施した結果、全ての検体から麻疹ウイルスが検出された。県内では2012年に、タイから持ち込まれたD8型による麻疹集団発生事例が起こっている。麻疹ウイルスの感染力は非常に強く、麻疹の潜伏期間を考慮すると、ワクチン未接種者等が接触していた場合、5月末に発症する可能性が高いことから、今後の動向には十分注意する必要がある。
○感染性胃腸炎と診断された乳児1名からロタウイルスとアデノウイルス5型が検出された。当所では、ロタウイルスを遺伝子検査で検出しており、この患者はロタウイルスのワクチンを接種していたことから、ロタウイルスの遺伝子が検出されても、その遺伝子がワクチン株由来か、野生株由来かは注意して判断する必要がある。

全国2017年第19週の発生動向

全数報告の感染症(全国第19週)

定点把握の対象となる5類感染症

定点医療機関当たりの患者報告総数は前週比129%と増加した。なお、前週と比較して増加した主な疾患は感染性胃腸炎と水痘で、減少した主な疾患はインフルエンザである。

RSウイルス感染症の報告数は636 人(0.20)で前週比105%と増加し、例年同時期の定点当たり平均値*(0.11)の約1.8 倍である。沖縄県(1.8)、富山県(0.55)、北海道(0.53)からの報告が多く、年齢別では1 歳以下が全体の約8 割を占めた。

流行性角結膜炎の報告数は630 人(0.91)で前週比160%と増加し、例年同時期の定点当たり平均値*(0.58)の約1.6 倍である。鹿児島県(4.4)、愛媛県(2.5)、宮崎県(2.2)からの報告が多く、年齢別では30 歳代が全体の約2 割を占めた。

* 過去5 年間の当該週、前週、後週(計15 週)の平均値

PDFファイルダウンロード

バックナンバーはこちら


宮崎県衛生環境研究所
〒889-2155 宮崎市学園木花台西2丁目3-2 / 電話.0985-58-1410 FAX.0985-58-0930