警察に対するご協力の紹介

最終更新日:2018年4月5日

うそ電話詐欺の被害防止功労に対する警察署長感謝状の贈呈について
(宮崎南警察署)

平成30年2月、宮崎市内において発生した、うそ電話詐欺(還付金詐欺)未遂事件に関し、被害を未然に防止した功労で、宮崎市内にお住まいの個人2名の方々に対し、宮崎南警察署長が感謝状を贈呈しました。(平成30年3月9日)

功労の概要

宮崎市内に居住する60代女性の自宅電話に市役所職員を名乗る男から電話があり、還付金があるからATMに行くよう指示されました。被害女性はこれを信じ、指定された無人のATMで犯人と携帯電話で話をしながらATMを操作していたところ、外で順番待ちをしていた方お二人がこの状況に気付き、被害女性に対する声かけを行なったり、振込先の金融機関に連絡を取りその真偽を確かめるなどの的確な対応で、この電話が還付金名目のうそ電話詐欺であることを見抜き、被害を未然に防止したものです。

うそ電話詐欺の被害防止功労に対する警察署長感謝状の贈呈について
(日南警察署)

平成30年3月、日南市内において発生した、うそ電話詐欺(架空請求詐欺)未遂事件に関し、被害を未然に防止した功労で、日南市内にお住まいの女性に対し、日南警察署長が感謝状を贈呈しました。(平成30年3月6日)

功労の概要

日南市内に居住する50代男性の携帯電話に、有料動画の未納料金が発生しているとのショートメールが届きました。この男性はメールの内容を信じ、近くのコンビニエンスストアで現金の支払いをしようとした際、同店店長の女性がこのメールの内容がうそ電話詐欺であることを見抜き、被害を未然に防止できたものです。

うそ電話詐欺等の犯罪被害防止のための広報啓発功労に対する
警察本部長感謝状の贈呈について(宮崎県警察本部生活安全部生活安全企画課)

宮崎県警察では、平成29年8月に「自転車等の鍵かけの徹底」や「うそ電話詐欺被害防止」などの広報啓発を目的に、日向市出身の演歌歌手「小田矢かな」さんを宮崎県警察初の広報大使(穏やかなまちづくり広報大使)に委嘱しました。

委嘱後、小田矢さんは出演するテレビ番組やラジオ番組をはじめとして、宮崎県警察が主催する各種イベント等で「うそ電話詐欺被害防止」を呼びかけるなど、県民の防犯意識の高揚に努めていただきました。(平成30年3月12日)

日向警察署留置管理施設の運営協力に対する警察署長感謝状の贈呈について
(日向警察署)

平成14年以降、現在まで継続して日向警察署の留置施設で整髪を行い、その献身的な活動により警察業務に多大な貢献をいただいた日向市内にお住まいの男性に対し、日向警察署長が感謝状を贈呈しました。(平成30年3月12日)

うそ電話詐欺の被害防止功労に対する警察署長感謝状の贈呈について
(小林警察署)

平成30年3月、小林市内において発生した、うそ電話詐欺(架空請求詐欺)未遂事件に関し、被害を未然に防止した功労で、小林市内にお住まいの男性に対し、小林警察署長が感謝状を贈呈しました。(平成30年3月14日)

功労の概要

小林市内に居住する70代女性の携帯電話に、有料コンテンツの未納料金が発生しているとのメールが届きました。この女性はメールの内容を信じ、近くのコンビニエンスストアで支払いのためビットキャッシュを購入しようとした際、同店店員の男性がこのメールの内容がうそ電話詐欺であることを見抜き、被害を未然に防止できたものです。