うそ電話詐欺被害防止コールセンターの運用について

最終更新日:2022年8月17日

宮崎県警察では、今年度も、オレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺(うそ電話詐欺)の被害を未然に防止するため、民間事業者に業務委託して、「うそ電話詐欺被害防止コールセンター事業」を実施します。

この事業は、コールセンターの電話オペレーターが、県民の皆様のお宅に電話をして、

  • うそ電話詐欺被害防止に関する注意の呼びかけ
  • うそ電話詐欺被害の手口に関するお知らせ

を行うものです。

コールセンターの概要は下記のとおりです。

1.運用期間・業務時間

令和4年9月1日から令和5年8月31日までの間

平日の午前9時から午後6時までの間(土日祝祭日、年末年始を除く)

注意:上記日時以外に、コールセンターが電話をかけることはありません。

2.コールセンターの電話番号

電話番号:0120-519-110前年度とは番号が異なります。

注意:上記電話番号以外で、コールセンターが電話をかけることはありません。

3.委託事業者

株式会社フェニックスシステム研究所

4.注意

コールセンターの電話オペレーターが、次のような電話をすることは絶対にありません。

  • 銀行の口座番号、暗証番号、口座の残高などを尋ねる
  • 預金を引き出したり、別の口座に移すように指示する
  • 現金やキャッシュカード、通帳を警察官や銀行職員などに預けるように指示する
  • 手数料などを要求する

このような電話は、コールセンターを装った詐欺の可能性があります。

このような不審な電話があったときには、すぐに電話を切って、110番通報するか最寄りの警察署や警察安全相談電話(♯9110)に連絡してください。

【資料】うそ電話詐欺被害防止コールセンター(PDF:856KB)

お問い合わせ

宮崎県警察本部生活安全部 生活安全企画課

電話:0985-31-0110