トップ > 県政情報 > 統計 > 産業統計 > 宮崎県景気動向指数 > 宮崎県景気動向指数(DI)の利用手引

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

宮崎県景気動向指数(DI)の利用手引

景気動向指数(DI)の利用手引

景気動向指数の概要と利用方法

景気動向指数は、多くの経済指標の中から景気に敏感な指標を選定し、採用系列の変化方向を合成することにより、景気の局面(上昇局面、下降局面)を把握することを目的に作成しています。

景気動向指数には、景気に対し先行して動く先行指数、ほぼ一致して動く一致指数、遅れて動く遅行指数の3本の指数があります。

一致指数が数か月以上ほぼ連続して50を上回っている時は、景気が上昇局面にあり、下回っている時は下降局面にあると判断します(注)が、値そのものの大きさは、景気変動の大きさや振幅を示すものではありません。また、先行指数は、一般的に一致指数に数か月先行することから、景気の動きを予測し、遅行指数は、一致指数に数か月遅行することから、景気の転換点や局面の確認に利用されます。

(注意)景気の山谷を判定するにはブライボッシャン法によるヒストリカルDIの算定を行います。

景気動向指数の作成方法

採用系列の各月の値を3か月前の値と比較して、増加した時には+(プラス)を、保合の時には0(保合)を、減少した時には-(マイナス)としています(逆サイクルの系列は、増加した時を-、減少した時を+としています。)。

その上で、先行、一致、遅行の各系列群ごとに、採用系列数に占める拡張系列数(+の数)の割合を求めています(保合(0)の場合は0.5として拡張系列に数えています)。

景気動向指数=拡張系列数(プラス系列数+(保合系列数×0.5))÷採用系列数×100(%)

個別系列の概要

原数値の季節調整方法について

宮崎県景気動向指数を作成する際に独自に季節調整を行なっている指標は、以下のとおりです。

先行系列 新車登録台数(乗用車)
新設住宅着工戸数
ホテル・旅館宿泊客数
一致系列 大口電力使用量
大型小売店販売額(実質)
輸入通関実績(実質)
雇用保険受給者実人数

季節調整は米国センサス局の開発したX-12-ARIMAを適用しています。

系列ごとに適切なオプションを採っていますので、選択したオプションについては、それぞれの系列ごとに異なります。

なお、本県独自に季節調整を行なっている指標においては、季節調整済値の安定性確保の観点から、X12-ARIMAによる季節調整替えの頻度は、年1回としています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp