所長挨拶 研究所の紹介 発表・調査研究 情報・ニュース 宮崎県感染症情報センター 見学と研修のお申し込み リンク集 お問い合わせ

情報・ニュース

新型コロナウイルス(COVID-19)の検査

コロナウイルスとは

コロナウイルスには、風邪の原因となる4種類と重い肺炎を起こす2種類(重症急性呼吸器症候群SARS、中東呼吸器症候群MERS)が知られています。主な症状として発熱、倦怠感などが比較的多く、下痢などを伴う例もあります。

コロナウイルスの構造

コロナウイルスは直径100nmの球形ウイルスです。表面には突起があり、その形が王冠(crown)に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する(corona)という名前が付けられています。

表面は、脂質の二重膜で覆われていて、その中にNucleocapsid (N)蛋白に巻き付いたプラス鎖の一本鎖RNAゲノム(いわゆる遺伝子)があります。

表面にはSpike(S)蛋白、Envelope (E)蛋白、Membrane(M)蛋白が配置されています。遺伝子情報を持つゲノムの大きさはRNAウイルスの中では最大サイズの30kbです。ちなみにインフルエンザウイルスのゲノムは10kb程度です。

【参考】国立感染症研究所−コロナウイルスとは

PCRとは

PCRとはPolymerase Chain Reaction(ポリメラ−ゼ連鎖反応)の略で、DNAの複製を人工的に繰り返すことで目的とするDNAを増やす技術をいいます。

新型コロナウイルス(COVID-19)の検査方法

全国の地方衛生研究所では、国から示された検査方法に基づき、新型コロナウイルスの感染が疑われるヒトの検体(気管支吸引液もしくは喀痰、鼻咽頭ぬぐい液等)から遺伝子を抽出しPCR法を用いて、新型コロナウイルスかどうかの検査を行います。

当研究所では、主にこの技術を用いた検査装置であるリアルタイムPCR装置による新型コロナウイルスの検査を行います。

 

 


宮崎県衛生環境研究所
〒889-2155 宮崎市学園木花台西2丁目3-2 / 電話.0985-58-1410 FAX.0985-58-0930