宮崎県農水産業温暖化研究センター
ホーム 概要 調査・分析プロジェクト 技術開発プロジェクト リンク
調査・分析プロジェクト
本県農産業への影響 試験研究課題への反映 温暖化関係研究の情報

本県農産業への影響

【県内で想定される事例】
品目 区分 影響を受けている事例
早期水稲 植物生理 白未熟粒及び充実度の低下による等級格下げが増加。
病害虫 カメムシ被害による等級格下げが増加。
病害虫 後期の紋枯れ病の多発により品質・収量が低下。
普通水稲 植物生理 白未熟粒及び充実度の低下による等級格下げが増加。
病害虫 後期の紋枯れ病の多発により品質・収量が低下。
病害虫 越冬害虫によるウイルス病が増加傾向。(萎縮病、縞葉枯れ病等)
病害虫 海外飛来害虫の被害多発。(ウンカ、コブノメイガ)
ピーマン
(施設)
植物生理 促成栽培初期の花が着果せず、草勢が強くなりすぎる。
病害虫 冬季に加温機が作動しない日が多いか、作動しても時間が短く、 葉の濡れによる黒枯病等が増加。
病害虫 晩秋〜早春に乾燥する日が多く、うどんこ病が多発。
きゅうり
(施設)
植物生理 秋の高夜温で茎葉が徒長しやすい。
病害虫 冬季に加温機が作動しない日が多いか、作動しても時間が短く、蒸し込みによる褐斑病等が増加。
イチゴ
(施設)
病害虫 冬季にも株枯れ症状が発生。
栽培方法 定植後も高温で生育が悪く、定植時期を遅らせる動きあり。
さといも 植物生理 茎葉の消耗が早くなる。
レタス 植物生理 球の肥大が早く、規格外が多く出る(収穫適期の幅が狭い)
病害虫 冬季にも食葉性害虫・軟腐病が多発。
千切りだいこん その他 寒風の吹く日が少なく、乾くのに日数がかかる。
病害虫 冬季にも食葉性害虫・軟腐病が多発。
みかん 植物生理 収穫後の発芽や、日焼け果及び浮皮が増加。
病害虫 ゴマダラカミキリ発生の早進化。
ブドウ 植物生理 収穫期の着色不良。
マンゴー 栽培方法 秋季高温により秋芽の発生が見られるため、ビニールの被覆時期の遅延。
スイートピー 栽培方法 植え付け時期が遅延。
植物生理 出荷開始時期の遅れや高品位階級(4PL以上)の発生時期の遅延。
病害虫 アザミウマ類やうどんこ病の多発。
夏秋ギク 植物生理 開花遅延。
その他 貫生花の多発。
シンビジウム 栽培方法 山上げ時期の早進化と山下げ時期の遅延。
植物生理 高温による花飛びが散見。
ホオズキ 栽培方法 植え付け時期の遅延。
病害虫 害虫の多発及び白絹病等の病害の多発。
茶栽培方法 秋整枝作業時期の遅延(秋整枝後の気温上昇に伴う再萠芽のため)。
茶植物生理 秋整枝後の再萠芽の増加。
茶植物生理 一番茶芽の寒害・霜害頻度の増加。
病害虫 ダニ類やハマキムシ類、ホソガ類、エダシャク類、クワシロカイガラムシ等の害虫の発生増加。
葉たばこ 栽培方法 定植、収穫期の変化(早進化)
植物生理 高温乾燥、少雨に伴う、早期退色、グレー葉等による品質、収量の低下。
病害虫 連続降雨、日照不足等による立枯病、疫病等の発生と収量、品質の低下。
肉用牛 家畜生理 受胎率、発育性の低下。肥育での発育低下。
乳用牛 家畜生理 暑熱による乳量低下。
家畜生理 受胎率、出産頭数、空胎期間、発育性の低下。子豚事故率、雄種豚の廃用率の増加。
家畜生理 発育性、要求率の低下。熱射病の増加。
飼料作物 栽培方法 トウモロコシなどの播種が早進化傾向。
植物生理 飼料用トウモロコシを12月まで収穫可能。
その他 サイレージ調製後の品質低下が夏期に見られ廃棄量が増加。


ホーム ページの先頭へ戻る


宮崎県農政水産部農政企画課
〒880-8501
宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号館2階
電話:0985-26-7123 FAX:0985-26-7307
noseikikaku@pref.miyazaki.lg.jp
宮崎県総合農業試験場企画情報室
〒880-0212
宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805
電話:0985-73-2121 FAX:0985-73-2127
sogonogyoshikenjo@pref.miyazaki.lg.jp