トップ > 県政情報 > 広報・広聴 > 県政Q&A(こんなときはどうぞ) > 林業 > 巨樹・古木、県木フェニックスの保全については?

ここから本文です。

更新日:2019年7月23日

巨樹・古木、県木フェニックスの保全については?

巨樹・古木や県木フェニックスは古くから郷土のシンボルであるとともに美しいみやざきの景観資源として、大切に守り育てられてきていますが、近年の都市化の進展などとともに、人々は緑への恩恵を忘れがちとなり、これらの名木等の中には腐朽菌により樹勢が衰え、枯死寸前のものもあります。

このため、県では、これらの名木等を「緑の文化財」として後世に引き継ぐため、衰退した名木等の治療を行う市町村を支援しています。

また、平成28年度には「みやざき新巨樹100選」を選定し、県民のみなさまに木や森林に触れる機会を提供し、観光資源としてPRするため、県内各地の巨樹情報に加え、周遊ルート等を掲載したパンフレットを作成しております。

お問い合わせ

自然環境課保安林担当

  • 電話番号:0985-26-7163
  • ファクス番号:0985-38-8489

各農林振興局、西臼杵支庁林務課

各市町村

担当部署

自然環境課

お問い合わせ

環境森林部自然環境課保安林担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7163

ファクス:0985-38-8489

メールアドレス:shizen@pref.miyazaki.lg.jp