トップ > 観光・魅力 > 文化 > 国文祭・芸文祭 > 「国文祭・芸文祭みやざき2020」における不死鳥(フェニックス)ウォールアート制作用に応募いただいた羽根のぬりえ作品【赤色基調】の利用について

掲載開始日:2022年2月28日更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

「国文祭・芸文祭みやざき2020」における不死鳥(フェニックス)ウォールアート制作用に応募いただいた羽根のぬりえ作品【赤色基調】の利用について

事業の概要

宮崎県では、「第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」(以下「大会」という。)を令和3年7月3日から10月17日までの107日間にわたり開催しました。

全国障害者芸術・文化祭、略して「芸文祭」におきましては、「復興五輪」との位置づけもある東京オリンピック・パラリンピック大会と同年の開催であることを記念して、アートの力で被災地を支援することを目的に、全国連携事業として、全国から応募いただいた約1万2千点の羽根のぬりえの中から選んだ作品のデータをスキャンして組み合わせ、羽根の翼をデザインし、障がい者アーティストのお二人が描いてくださった瞳とハートとともに赤と青を基調とした不死鳥(フェニックス)デザイン2体を制作、宮崎県立美術館及び宮城県気仙沼市「まち・ひと・しごと交流プラザ」のガラス面やアミュプラザみやざき「うみ館」屋上の壁面に大きなウォールアートとして掲示しました。

頭部(赤)

 

デザインの利用に当たっての留意事項

死鳥(フェニックス)デザイン及び羽根のぬりえ作品の著作権等一切の権利は、宮崎県に帰属しています。新聞、テレビ、雑誌等報道関係機関が報道目的に使用する場合又は個人の年賀状、商用でない名刺等、個人が私的に使用する場合のみ御利用いただけますので、御留意ください。

ぬりえ作品一覧(赤色を基調としたデザイン)

リンク

お問い合わせ

総合政策部みやざき文化振興課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-32-0111

メールアドレス:miyazaki-bunkashinko@pref.miyazaki.lg.jp