交通事故統計

最終更新日:2024年6月19日

交通事故発生状況

令和5年宮崎県の交通事故

和5年中の交通事故は、発生件数が3,488件、死者数が30人、負傷者数が3,908人と、発生件数、死者数、負傷者数のいずれも前年より減少し、「第11次宮崎県交通安全計画」に掲げた「令和7年度までに年間の24時間死者数を31人以下、交通事故(人身)発生件数を5,200件以下にする」との目標を2年ぶりに達成した。
た、交通事故死者は、令和3年と同数で、全国統一の基準で統計を開始した昭和23年以降で2番目に少なかった。
しかしながら、全死者に占める65歳以上の高齢者の割合は60.0%と依然として高く、また、発生件数に占める高齢運転者による交通事故の割合も31.2%と過去最高になるなど、高齢者対策が課題となっている。

詳細についてはPDFファイルをご覧下さい