トップ > しごと・産業 > 畜産業 > 家畜伝染病 > 高病原性鳥インフルエンザ > 【県内3例目】川南町における高病原性鳥インフルエンザの対応状況について

掲載開始日:2023年1月9日更新日:2023年2月3日

ここから本文です。

【県内3例目】川南町における高病原性鳥インフルエンザの対応状況について

1月9日に川南町の採卵鶏農場において高病原性鳥インフルエンザが疑われた事例が、1月10日に今年度3例目の疑似患畜と確認されました(その後、1月17日に遺伝子解析及び検査の結果、高病原性であること及びH5N1亜型であることを確認)。

そのため、県では、本庁に宮崎県高病原性鳥インフルエンザ防疫対策本部(継続)、児湯農林振興局に現地対策本部を設置し、併せて川南町においても対策本部を設置するなど、防疫体制を整備し、1月12日15時00分に防疫措置を完了しました。

1農場の情報

発生地域:川南町

種別:採卵鶏

羽数:飼養羽数約10万羽

2経緯

  • 1月9日10時00分、当該農場において、死亡鶏が増加した旨、宮崎家畜保健衛生所が通報を受け、農場立入検査を実施。
  • 同日13時40分、同家畜保健衛生所が当該農場において、鳥インフルエンザの簡易検査を実施したところ、A型インフルエンザ陽性を確認。
  • 同日16時10分、同家畜保健衛生所において、当該農場から持ち帰った検体について鳥インフルエンザの簡易検査を実施したところ、A型インフルエンザ陽性を確認。
  • 1月10日5時00分、同家畜保健衛生所における確定検査(PCR検査)の結果、H5亜型の遺伝子が確認され、この結果を農林水産省に送付したところ、7時00分に高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることを確認し、飼養家きんの殺処分、汚染物品等の埋却及び消毒の防疫措置を開始。
  • 1月11日9時00分、約7万5千羽を殺処分。
  • 同日18時10分、全ての鶏の殺処分を完了。
  • 1月12日15時00分、当該農場の防疫措置完了。
  • 1月15日、高病原性鳥インフルエンザ(県内3例目)の疑似患畜の確認を受けて、移動制限区域内の農場に対して実施した「発生状況確認検査」において臨床検査「異常なし」、ウイルス分離検査「陰性」及び血清抗体検査「陰性」を確認。
  • 1月17日17時00分、川南町における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜から検出されたウイルスが、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析及び検査の結果、高病原性であること及びH5N1亜型であることを確認。
  • 1月23日に「清浄性確認検査」を実施し、この検査で陰性が確認された場合は、最短で1月27日に搬出制限区域を解除予定。
  • 1月27日17時00分をもって、移動制限区域内の農場を対象として実施した「清浄性確認検査」において、臨床検査「異常なし」、ウイルス分離検査「陰性」及び血清抗体検査「陰性」を確認。
  • 同時刻、検査結果に基づき、発生農場から3~10km以内の搬出制限区域を解除。併せて消毒ポイントを2箇所終了。
  • 令和5年2月3日午前0時をもって、発生農場を中心とする半径3km以内の移動制限区域を解除。併せて消毒ポイントを終了。

3移動制限区域の解除及び消毒ポイントの終了について

発生農場を中心とする半径3km以内の移動制限区域を解除しました。併せて、消毒ポイントを終了しました。

(終了)制限区域及び消毒ポイント(PDF:255KB)

(終了)消毒ポイントリスト(PDF:46KB)

4プレスリリース情報

5その他

  • (1)我が国ではこれまで家きん肉、家きん卵を食べることにより、人に感染した例は報告されていません。
  • (2)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあること、農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、厳に慎むよう御協力をお願いします。
    今後とも、本件に関する情報提供に努めてまいりますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 家畜防疫対策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7329

メールアドレス:shinsei-kachikuboeki@pref.miyazaki.lg.jp