掲載開始日:2021年3月26日更新日:2021年3月26日

ここから本文です。

臨床研修情報

宮崎県では、県央・県北・県南にそれぞれ宮崎病院・延岡病院・日南病院を設置し、それぞれの地域の中核病院として、昼夜を問わず救急医療や先端医療に取り組んでいます。
また、それぞれの病院で特色のある臨床研修プログラムを策定し、医師の育成に取り組んでいます。(プログラムの詳細については、各病院のホームページをご覧ください。)

宮崎病院

圧倒的な症例数と指導体制を備える全県レベルの中核病院

臨床研修_宮崎病院

宮崎市中心部に位置し、第三次救急を担い、22診療科を有する全県レベルの中核病院です。100名を超える医師が在籍し、マンツーマンでの指導体制を整えています。
研修プログラムは、基本となる臨床研修プログラムと小児科・産婦人科をそれぞれ重点的に学ぶプログラム、県立3病院をローテートするフェニックスプログラムの4つを用意しています。

延岡病院

県北医療の最後の砦で身につける救急対応力

臨床研修_延岡病院

ヘリポートを備えた救命救急センターを設置し、県北地域唯一の第三次救急医療機関として、県北医療の中核を担う病院です。プライマリ・ケアから高度医療まで、様々な疾患・症例について研修することができます。
協力型病院の研修医も数多く受け入れおり、研修医同士の横のつながりを広げられる点も魅力の一つです。

日南病院

病院全体で研修医を育てる、充実した研修体制

臨床研修_日南病院

「地域に根ざした基幹病院」であり、各診療科におけるcommon diseaseへの対応力を徹底的に身につけることができます。また、指導医によるマンツーマンの個人研修に加え、朝夕には医師やコメディカルスタッフが全体研修を実施するなど、病院全体で研修医を育てます。

宮崎県立病院群フェニックスプログラム

宮崎県立病院群フェニックスプログラム

宮崎病院を基幹型臨床研修病院とし、それぞれが基幹型病院でもある延岡病院、日南病院を協力型臨床研修病院とした、県立3病院を一つのフィールドとして研修を行う医師臨床研修プログラムです。
宮崎病院で1年間(地域医療研修期間を含む)、日南、延岡病院でそれぞれ6ヶ月間の研修を行うプログラムとなっており、それぞれ特徴の異なる地域で、病院ごとの特性・特徴を活かした実りある研修を行うことができます。
日南、延岡病院では、生活に必要な家財が完備された宿舎も用意されていますので、引っ越しの負担等も無く、研修に専念できる環境が整っています。

お問い合わせ

病院局経営管理課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番18号

ファクス:0985-26-7341

メールアドレス:keieikanri-hp@pref.miyazaki.lg.jp