宮崎県立高等水産研修所

■施設見学や入所相談等、可能な限り対応いたします。お気軽にお問合せください。(お問合せ時間)平日の午前9時から午後5時の時間帯でお願いいたします。

その他

ここでは、漁業に関する良くある質問とその答え(Q&A)や他の漁業研修機関のリンク集を掲載しています。
今後、Q&Aも徐々に増やしていきますので、入所を志すに際して参考にして下さい。

■Q1.初任給はどれぐらい?

漁船員の給料は、当然ながら乗船している漁船の水揚げ高によって変わります。漁労長の経験・技術や漁船の大きさ・設備などにより水揚げが多い船、少ない船がでてきます。また、漁船員の給料は一律ではなく、船長、機関長などの幹部船員や経験年数の高い船員ほど多く配当されます。全く経験のない新規就業者は、一人前とはみなされず、0.8~0.9人前程度の評価となります。
100トン超クラスのかつお一本釣漁業の例で近年の状況をみると、初任給としては、年間で320万~360万円、月給にすると30万円前後のようです。船上で生活する割合が多く、その間の食費は経費に含まれるので、無駄遣いをしなければかなり残る金額だと思われます。

■Q2.就業形態について

修業生は、県内のかつお一本釣漁業、まぐろ延縄漁業、まき網漁業を中心に就業しています。これは、乗組員として雇用される形態です。
漁師を目指す場合、自分で漁船を持ち、一人で魚を釣るという形態をイメージする方もいますが、実際の漁労経験がなく、また資金も無い新規の就業者がいきなり独り立ちすることは不可能です。
まずは、乗組員として漁業経験を重ね、資金を蓄えていき、漁業協同組合から組合員としての資格を与えられてから、独立するというケースはみられます。

■Q3.まぐろ船の航海は?

本県の主力である19トンクラスのまぐろ延縄漁船の場合、春夏は紀伊勝浦、秋冬は銚子から塩釜とベ-スポ-トを移して、ひと航海25~30日程度の操業を繰り返し、地元宮崎の港に帰ってくるのはお盆と正月くらいです。
10トン前後のまぐろ延縄漁船は、一年を通じて南西諸島近海において、油津、鹿児島、沖縄をベースポートとして、ひと航海7~15日程度の操業をしています。

■Q4.宮崎の「かつお一本釣漁業」?

宮崎県所属のかつお一本釣漁船は、沿岸域を主とする10トンクラスから遠洋域を主とする150トンまでの大型船がありますが、100トンクラスの大きさの近海かつお一本釣漁船が最も多くなっています。現在、本県の近海かつお一本釣漁船数は三十数隻であり、このクラスでは日本全体の約半数が宮崎県の漁船で、その漁獲量は全国一となっています。漁場は、冬から春先では南西諸島近海や小笠原諸島近海、房総半島沖、夏から秋(11月ぐらいまで)には三陸沖とカツオの群れの回遊に合わせて広範囲に渡っています。
かつお一本釣漁船では20人程度の乗組員が乗船しており、活餌を撒く人、竿を持って釣る人など、役割を分担してカツオやビンナガマグロを漁獲します。実際の操業では、カツオの群れを見つけた後で、漁船の周囲にシャワーノズルで水しぶきを発生させ、カタクチイワシの活魚を少しずつ撒きながら、興奮したカツオを擬似針を付けた釣り竿で1尾ずつ釣り上げます。

■Q5.宮崎の「まぐろはえ縄漁業」?

宮崎県所属のまぐろはえ縄漁船は、5トン程度の小型船から199トンまでの大型船までいろんな規模の船があり、近くは日本の近海から遠くはミクロネシア海域まで出漁しています(許可内容によって操業できる海域が異なる)。
まぐろはえ縄漁業は、”沿岸まぐろはえ縄漁業(10トン未満)”、”近海まぐろはえ縄漁業(10トン以上120トン未満)”及び、”遠洋まぐろはえ縄漁業”(120トン以上)”に大別されており、宮崎県は沿岸まぐろはえ縄漁業の漁獲量が全国一となっています。19トン型のまぐろはえ縄船では、幹縄の総延長は80km以上あり、その幹縄には約40~50メートル間隔に釣り針の付いた枝縄が約2千本付いています。実際の操業では、4~5時間程度かけて、それぞれの釣り針に餌(イワシ・ムロアジなど)をつけて一本ずつ海に投げ込み、数時間後に、幹縄を巻上機で巻きとりながら、10~13時間かけて釣り針にかかったまぐろを船上に取込みます。

■Q6.大型漁船に必要な資格は?

20トン以上の大型漁船で漁業をするには、いろんな役割を持った船舶職員が必要となります。
●船  長・・・船の最高責任者・管理者
●航海士・・・船を操縦し、目的の海域や港まで運航する
●機関士・・・船のエンジンなどを運転し、保守・点検をする
この役割を担うには、「(航海・機関)海技士」という資格が必要になります。また、船長や航海士は無線の資格も必要になります。

■Q7.小型漁船に必要な資格は?

20トン未満の小型漁船を使って漁業をする場合は、一級小型船舶操縦士免許のみで可能となります。(ただし、100海里を超える場合は六級海技士(機関)の資格を有する人が一緒に乗船する必要があります。)
例)19トン船で沿岸のかつお一本釣や、まぐろはえ縄、パッチ網漁業などの操船をすることが出来ます。



■北海道立漁業研修所
■静岡県立漁業高等学園
■佐賀県立高等水産講習所
■宮崎県漁業就業者確保育成センター
■全国漁業就業者確保育成センター

宮崎県立高等水産研修所
〒887-0002 宮崎県日南市西町二丁目11番6号
TEL 0987-22-2058 FAX 0987-22-2243
E-mail kotosuisan-kenshujo@pref.miyazaki.lg.jp

■施設見学や入所相談等、可能な限り対応いたします。お気軽にお問合せください。(お問合せ時間)平日の午前9時から午後5時の時間帯でお願いいたします。

©Copyright Miyazaki Prefectual Fisheries Training Center All Rights Reserved.