マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年3月5日

高病原性鳥インフルエンザの発生を防止しましょう!

高病原性鳥インフルエンザウイルスの発生リスクが極めて高い状況が続いています。

高病原性鳥インフルエンザの発生を予防するため、農場消毒やねずみ等の駆除などのウイルス侵入防止対策を強化するようお願いします。

なお、消毒やねずみ対策の方法については、下記のリーフレットを参考にしてください。

消石灰等の散布による農場の消毒

ウイルスは常に農場へ持ち込まれる可能性があります。定期的に消石灰等を散布する際は、草刈りや不要な資材の片付け等の環境整備を行い、鶏舎周囲と農場境界の約2m幅を消毒しましょう。

石灰

ねずみ等の駆除対策の強化

ねずみ等の小動物を介してウイルスが侵入する可能性があります。農場内の整理整頓や草刈り等の環境整備に加え、鶏舎内につながる侵入口をふさぐ、殺そ剤や粘着シートを用いるなどの侵入防止対策をさらに強化しましょう。

ネズミチラシ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 家畜防疫対策課

電話:0985-26-7139

ファクス:0985-26-7329

メールアドレス:shinsei-kachikuboeki@pref.miyazaki.lg.jp