トップ > 県政情報 > 広報・広聴 > 県政Q&A(こんなときはどうぞ) > 資格・試験 > 第一種電気工事士、第二種電気工事士になるには?

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

第一種電気工事士、第二種電気工事士になるには?

(「資格・試験」Q36)

第一種電気工事士、第二種電気工事士になるには、各電気工事士の免状の交付を受けることが必要です。

第一種電気工事士は、第一種電気工事士試験に合格し、かつ大学、高等専門学校で電気工学等の課程を修めた者であって、電気工事に卒業後3年以上従事した者、もしくはそれ以外の者であって電気工事に5年以上従事した者が免状の交付を受けられます。

第二種電気工事士は、第二種電気工事士試験に合格した者、又は、経済産業大臣が指定する養成施設において第二種電気工事士たるに必要な知識及び技能に関する課程を修了した者が免状の交付を受けられます。

関連ページ

お問い合わせ

(一財)電気技術者試験センター本部事務局

消防保安課産業保安担当

電話番号:0985-26-7065
ファクス番号:0985-26-7304

担当部署

消防保安課

お問い合わせ

総務部危機管理局消防保安課産業保安担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7065

ファクス:0985-26-7304

メールアドレス:kiki-shobohoan@pref.miyazaki.lg.jp