トップ > 県政情報 > 広報・広聴 > 県の紹介 > みやざき県庁キッズサイト > 令和2年4月~令和3年3月の主(おも)なできごと

みやざき県庁 キッズサイト

ここから本文です。

令和(れいわ)3年(ねん)4月(がつ)~令和(れいわ)4年(ねん)3月(がつ)の主(おも)なできごと

令和(れいわ)3年(ねん)4月(がつ)

「東京(とうきょう)2020オリンピック聖火(せいか)リレー開催(かいさい)

1

7月(がつ)に東京(とうきょう)で開催(かいさい)されるオリンピックに向(む)け、本県(ほんけん)では2日間(ふつかかん)にわたり聖火(せいか)リレーが行(おこな)われました。高千穂町(たかちほちょう)をスタートして、県庁(けんちょう)など県内各地(けんないかくち)を巡(めぐ)り、えびの市(し)まで、181人(にん)の聖火(せいか)ランナーたちが希望(きぼう)の灯(ひ)をつなぎました。

7月(がつ)

ひなもりオートキャンプ場「ひなたキャビン」オープン

 

2

新(あたら)しい生活様式(せいかつようしき)の実践(じっせん)の場(ば)として、森林空間(しんりんくうかん)を活用(かつよう)するため、森(もり)に囲(かこ)まれたひなもりオートキャンプ場(じょう)に、デザインが異(こと)なり県産材(けんさんざい)の魅力(みりょく)溢(あふ)れる4棟(とう)の「ひなたキャビン」がオープンしました。

「ローカルフードプロジェクト(LFP)」スタート

3

食(しょく)と農業(のうぎょう)に関(かん)する多様(たよう)な事業者連携(じぎょうしゃれんけい)による新(しん)ビジネス創出(そうしゅつ)に向(む)け、LFPプラットフォームを設立(せつりつ)(入会数(にゅうかいすう)100社以上(しゃいじょう)と全国最多(ぜんこくさいた)(令和(れいわ)4年度(ねんど)1月末現在(がつまつげんざい))し、本県(ほんけん)の地域食資源(ちいきしょくしげん)を生(い)かした新商品(しんしょうひん)・サービスの開発(かいはつ)を支援(しえん)しています。

「国文祭(こくぶんさい)・芸文祭(げいぶんさい)みやざき2020」開催(かいさい)

4

国文祭(こくぶんさい)・芸文祭(げいぶんさい)みやざき2020は、国内最大規模(こくないさいだいきぼ)の文化(ぶんか)の祭典(さいてん)として、本県(ほんけん)で初(はじ)めて開催(かいさい)されました。「山(やま)の幸(さち) 海(うみ)の幸(さち) いざ神話(しんわ)の源流(げんりゅう)へ」をキャッチフレーズに、日向神話(ひゅうがしんわ)や神楽(かぐら)に代表(だいひょう)される魅力(みりょく)にあふれた本県(ほんけん)の文化(ぶんか)を発信(はっしん)しました。

8月(がつ)

鷹(たか)の祭典(さいてん)2021 in 宮崎(みやざき)

 

5

本県(ほんけん)でキャンプを行(おこな)っている福岡(ふくおか)ソフトバンクホークスと東北楽天(とうほくらくてん)ゴールデンイーグルスの公式戦(こうしきせん)が行(おこな)われました。本県(ほんけん)での公式戦(こうしきせん)は3年(ねん)ぶりで、感染防止対策(かんせんぼうしたいさく)を徹底(てってい)し、開催(かいさい)されました。

「東京(とうきょう)2020パラリンピック聖火(せいか)フェスティバル」開催(かいさい)

6

県内(けんない)の特別支援学校(とくべつしえんがっこう)でおこした火(ひ)が聖火皿(せいかざら)へ点火(てんか)され、多(おお)くの県民(けんみん)の想(おも)いが込(こ)められた本県(ほんけん)の聖火(せいか)としてパラリンピック開催地(かいさいち)の東京(とうきょう)へ盛大(せいだい)に送(おく)り出(だ)しました。

九州中央自動車道(きゅうしゅうちゅうおうじどうしゃどう) 高千穂日之影(たかちほひのかげどうろ)「日之影深角(ひのかげふかすみ)IC~平底交差点(ひらそここうさてん)」間(かん) 開通(かいつう)

7

8月(がつ)21日(にち)「日之影深角(ひのかげふかすみ)IC~平底交差点(ひらそここうさてん)」間(かん)が開通(かいつう)し、平成(へいせい)30年度(ねんど)に開通(かいつう)した区間(くかん)と合(あ)わせて、高千穂日之影道路(たかちほひのかげどうろ)が全線開通(ぜんせんかいつう)しました。観光振興(かんこうしんこう)や救急医療(きゅうきゅういりょう)などに重要(じゅうよう)な役割(やくわり)を果(は)たすものと期待(きたい)されています。

国(くに)の「まん延防止等重点措置(えんぼうしとうじゅうてんそち)」の適用(てきよう)

8

 

感染力(かんせんりょく)の極(きわ)めて強(つよ)い「デルタ株(かぶ)」の影響(えいきょう)で、8月中旬以降(がつちゅうじゅんいこう)、新規感染者数(しんきかんせんしゃすう)が連日(れんじつ)100人(にん)を超(こ)える爆発的(ばくはつてき)な感染拡大(かんせんかくだい)に至(いた)ったため、国(くに)に「まん延防止等重点措置(えんぼうしとうじゅうてんそち」の適応(てきおう)を要請(ようせい)し、8月(がつ)27日(にち)から本県(ほんけん)に初(はじ)めて適用(てきよう)されました。

10月(がつ)

旧宮崎農工銀行(きゅうみやざきのうこうぎんこう)(県庁(けんちょう)5号館(ごうかん))国登録有形文化財(くにとうろくゆうけいぶんかざい)(建造物(けんぞうぶつ))登録(とうろく)

9

旧宮崎農工銀行(きゅうみやざきのうこうぎんこう)(5号館(ごうかん))が国登録有形文化財(くにとうろくゆうけいぶんかざい)(建造物(けんぞうぶつ))に登録(とうろく)されました。県庁舎(けんちょうしゃ)は、県庁舎本館(けんちょうしゃほんかん)、正門門柱(せいもんもんちゅう)および東門門柱(ひがしもんもんちゅう)(いずれも平成(へいせい)29年(ねん)5月(がつ)登録(とうろく)に続(つづ)き4件目(けんめ)となります。

宮崎(みやざき)カーフェリー 新船(しんせん)「フェリーたかちほ」進水式(しんすいしき)

10

本県経済(ほんけんけいざい)の「生命線(せいめいせん)」と位置(いち)付(づ)ける長距離(ちょうきょり)フェリー航路(こうろ)において、四半世紀(しはんせいき)ぶりの新船(しんせん)となる「フェリーたかちほ」が、10月(がつ)20日(はつか)、広島因島(ひろしまいんのしま)にて進水式(しんすいしき)を迎(むか)えました。

11月(がつ)

宮崎県(みやざきけん)シンボルキャラクター「みやざき犬(けん)」発見(はっけん)10周年(しゅうねん)

11

2021年(ねん)(令和(れいわ)3年(ねん))11月(がつ)11日(にち)(日曜日(にちようび))に宮崎県(みやざきけん)シンボルキャラクター「みやざき犬(けん)」が発見(はっけん)から10周年(しゅうねん)を迎(むか)えました。11月(がつ)には発見(はっけん)10周年(しゅうねん)記念(きねん)イベントを開催(かいさい)し、県民(けんみん)の皆(みな)さまとともに10周年(しゅうねん)を祝(いわ)いました。

宮崎県(みやざきけん)企業局(きぎょうきょく)ロゴマークの決定(けってい)

12

企業局(きぎょうきょく)では、2050年(ねん)ゼロカーボン社会(しゃかい)づくりに向(む)けた取(と)り組(く)みの推進(すいしん)と局(きょく)の認知度向上(にんちどこうじょう)を図(はか)るため、全国(ぜんこく)から集(あつ)まった544件(けん)の応募作品(おうぼさくひん)の中(なか)からロゴマークを決定(けってい)しました。

12月(がつ)

「高千穂(たかちほ)の夜神楽国立能楽堂公演(よかぐらこくりつのうがくどうこうえん)」開催(かいさい)

13

神楽(かぐら)のユネスコ無形文化遺産(むけいぶんかいさん)の登録(とうろく)に向(む)けて、みやざきの神楽(かぐら)の魅力(みりょく)を広(ひろ)く発信(はっしん)するため、国立能楽堂(こくりつのうがくどう)(東京都(とうきょうと))で高千穂(たかちほ)の夜神楽公演(よかぐらこうえん)を開催(かいさい)しました。来場者(らいじょうしゃ)からは優美(ゆうび)な舞(まい)に大(おお)きな拍手(はくしゅ)が送(おく)られました。

令和(れいわ)4年(ねん)1月(がつ)

宮崎県県民栄誉特別賞授賞式(みやざきけんみんえいよとくべつしょうじゅしょうしき)

14

東京(とうきょう)2020オリンピック柔道男子日本代表監督(じゅうどうだんしにほんだいひょうかんとく)として、個人(こじん)では日本史上最多(にほんしじょうさいた)の金(きん)メダル5つ、混合団体(こんごうだんたい)では銀(ぎん)メダル獲得(かくとく)に大(おお)きく貢献(こうけん)した井上康生監督(いのうえこうせいかんとく)の功績(こうせき)を称(たた)えて、「県民栄誉特別賞(けんみんえいよとくべつしょう)」を授与(じゅよ)しました。

1月

新県立宮崎病院開院(しんけんりつみやざきびょういんかいいん)

15

宮崎県(みやざきけん)の高度(こうど)・急性期医療(きゅうせいきいりょう)を担(にな)う「新県立宮崎病院(しんけんりつみやざきびょういん)」が開院(かいいん)しました。南海(なんかい)トラフ巨大地震(きょだいじしん)などの大規模災害(だいきぼさいがい)、新型感染症(しんがたかんせんしょう)への対応(たいおう)など、基幹病院(きかんびょういん)としての機能強化(きのうきょうか)を図(はか)っています。

3月(がつ)

ひなた宮崎県総合運動公園(みやざきけんそうごううんどうこうえん)津波避難施設(つなみひなんしせつ)完成(かんせい)

16

スポーツランドみやざきの拠点施設(きょうてんしせつ)となる、ひなた宮崎県総合運動公園(みやざきけんそうごううんどうこうえん)に津波避難施設(つなみひなんしせつ)が完成(かんせい)しました。南海(なんかい)トラフ巨大地震(きょだいじしん)などの大規模災害(だいきぼさいがい)から、公園利用者(こうえんりようしゃ)の安全(あんぜん)を守(まも)ります。