トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化財 > 平成30年度・令和元年度九州山地カモシカ特別調査報告書

ここから本文です。

更新日:2020年4月24日

平成30年度・令和元年度九州山地カモシカ特別調査報告書

平成30年度・令和元年度九州山地カモシカ特別調査報告書をまとめました。

宮崎県教育委員会、大分県教育委員会、熊本県教育委員会では、平成30年度、令和元年度の2カ年かけて第5回九州山地カモシカ特別調査を実施し、「平成30年度・令和元年度九州山地カモシカ特別調査報告書」をまとめました。

目次

第1章カモシカ特別調査の目的と調査対象

  1. カモシカ特別調査の目的(P1)
  2. これまでの特別調査の概要(P1)
  3. 調査項目と調査内容(P3)
  4. 調査地の選定(P4)
  5. 当該地域で行われた過去の調査結果(P4)

第2章九州山地カモシカ生息地域の環境とカモシカ生息状況

  • 第1節カモシカの生息状況(P7)
    1. 調査方法(P7)
    2. アンケートによる生息分布状況(P9)
    3. 生息密度(P17)
      • (1)大分県(P17)
      • (2)熊本県(P25)
      • (3)宮崎県(P40)
  • 第2節カモシカの生息環境としての特性(P69)
    1. 植生とカモシカの生息密度(P69)
    2. 下層植生被度の変化(P76)
  • 第3節カモシカの生息状況の整理及び解析(P81)
    1. DNAによる糞判定方法の説明と成果(P81)
    2. シカの分布及び生息密度(P87)
    3. カモシカの分布及び生息密度(P92)
    4. カモシカ分布域の変化(P94)
    5. カモシカの生息個体数の推定(P94)
  • 第4節カモシカの死亡個体の分析(P100)
    1. 目的(P100)
    2. 材料と方法(P100)
    3. 結果(P100)
    4. 考察(P106)

第3章センサーカメラによる調査結果の分析

  1. センサーカメラによるカモシカ生息状況調査の概要(P108)
  2. センサーカメラの設置(P108)
  3. センサーカメラの撮影結果の分析(P109)
  4. センサーカメラの撮影結果と糞塊調査結果の関係について(P115)
  5. 各県の撮影状況の概要
    • (1)大分県(P117)
    • (2)熊本県(P118)
    • (3)宮崎県(P119)
  6. センサーカメラ結果の考察(P119)

第4章カモシカ通常調査の整理

  1. 通常調査の概要(P124)
  2. 調査方法(P124)
  3. 調査の実施状況(P124)
  4. 生息密度(P125)
  5. 聞き取り調査による生息・食害情報の整理(P127)
  6. まとめ(P128)

まとめ

  1. カモシカの分布と生息情報(P129)
  2. シカの増加とカモシカの関係、及びカモシカの生息状況についての現状認識の整理(P132)
  3. 今後の保護管理(P133)

引用文献

  • 引用文献(P136)

資料提供者、調査協力者、調査担当者一覧

  • 資料提供者、調査協力者、調査担当者一覧(P137)

九州山地カモシカ生息地域保護指導委員名簿

  • 九州山地カモシカ生息地域保護指導委員名簿(P140)

報告書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会文化財課 

〒880-8502 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7250

ファクス:0985-26-8244

メールアドレス:ky-bunka@pref.miyazaki.lg.jp