トップ > しごと・産業 > 商工業 > 商業・サービス業 > 東九州メディカルバレー構想 > 各種支援施策 > 2022年4月からの東九州メディカルバレー構想推進コーディネーター・アドバイザーの支援体制について

掲載開始日:2022年5月24日更新日:2022年5月24日

ここから本文です。

2022年4月からの東九州メディカルバレー構想推進コーディネーター・アドバイザーの支援体制について

宮崎県においては、東九州メディカルバレー構想に基づき、県内中小企業の医療機器産業への新規参入や取引拡大、県内大学等との共同による医療機器開発等を段階的に支援できるよう、宮崎県産業振興機構に2名のコーディネーターと1名のアドバイザーを配置しています。

コーディネーター及びアドバイザーの支援内容は別添のとおりです。なお、2022年4月1日より推進コーディネーター(参入・開発支援)が、岩本氏に変更になりました。

医療機器関連産業への参入、機器開発等について御検討されている案件がございましたら、是非御活用ください。

東九州メディカルバレー構想推進コーディネーター・アドバイザー紹介チラシ(PDF:769KB)

推進コーディネーター(参入・開発支援)

公益財団法人宮崎県産業振興機構

岩本脩成

元化学メーカー勤務、再生医療の研究開発業務に従事。青パパイヤの生産・加工品開発等の活動でも知られる。会員企業への医療機器産業の最新情報提供やアドバイス、大学や病院等での情報収集、臨床現場のニーズとのマッチングに向けた各企業への支援を行なっています。

推進コーディネーター(販路開拓)

公益財団法人宮崎県産業振興機構

城風淳一

旭化成にて医療製品開発に携わる一方、日本医療機器テクノロジー協会ほか業界団体の委員を経験。大都市圏での活動を通じて医療機器産業全体やマーケットニーズ等に係る情報収集を行い、会員企業の製品開発から販路開拓に繋がる支援を行なっています。

推進アドバイザー(薬事戦略)

公益財団法人宮崎県産業振興機構

吉川典子

製薬会社、医療機器センター調査部(PMDAの前身)、先端医療振興財団等にて勤務。医療機器産業研究会の会員企業が開発する医療機器等に関して薬事戦略の面から相談・指導の支援を行なっています。

お問い合せ

宮崎県産業振興機構または宮崎県食品・メディカル産業推進室へ御連絡いただければ、各コーディネーター・アドバイザーにお繋ぎいたしますので、お気軽に御相談ください。

  • 公益医財団法人宮崎県産業振興機構産業振興課担当:福島
    • 〒880-0303宮崎市佐土原東上那珂16500番地2
    • 電話番号:0985-74-3850
    • メールアドレス:fukushima@i-port.or.jp
  • 宮崎県商工観光労働部企業振興課食品・メディカル産業推進室担当:福永

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

宮崎県商工観光労働部企業振興課 食品・メディカル産業推進室
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
電話番号:0985-26-7101
ファクス:0985-26-7322
メールアドレス:shokuhin-medical@pref.miyazaki.lg.jp

大分県商工観光労働部 新産業振興室
〒870-8501 大分県大分市大手町3-1-1
電話番号:097-506-3269
ファクス:097-506-1753
メールアドレス:a14140@pref.oita.lg.jp