トップ > 県政情報 > 統計 > 生活統計 > 社会生活基本調査 > 平成13年社会生活基本調査結果(生活時間編1)

掲載開始日:2002年10月16日更新日:2002年10月16日

ここから本文です。

平成13年社会生活基本調査結果(生活時間編1)

11日の生活時間の配分

1次及び2次活動時間は女性が長く、3次活動時間は男性が長い

宮崎県に住んでいる10歳以上の人について、週全体を平均した1日の生活時間をみると、1次活動(睡眠、食事など生理的に必要な活動)の時間が10時間49分、2次活動(仕事、家事など社会生活を営む上で義務的な性格の強い活動)の時間が6時間35分、3次活動(余暇活動など)の時間が6時間37分となっている。

男女別にみると、1次及び2次活動は、女性が男性より長くなっており、3次活動は男性が長くなっている。

また、平成8年と比べると、男女とも、仕事などの2次活動時間が減少し、自由時間における活動である3次活動時間が増加している。(表1-1)

表1-11日の生活時間-週全体
  総数
1次活動 10時間49分(7分) 10時間45分(9分) 10時間52分(4分)
2次活動 6時間35分(-36分減 6時間15分(-39分減 6時間52分(-33分減
3次活動 6時間37分(30分) 7時間00分(30分) 6時間16分(29分)

内は平成8年との増減

3次活動時間が2次活動時間を上回る

図1生活時間の推移-週全体-

過去の調査と比較可能な年齢区分である15歳以上の人について、この10年間の生活時間の推移をみると、1次活動は平成3年が10時間27分、8年が10時間40分、13年が10時間48分と増加している。2次活動は平成3年の7時間45分から、8年が7時間13分、13年が6時間35分と、大幅に減少している。逆に、3次活動時間は、平成3年の5時間48分から、8年が6時間6分、13年が6時間37分と増加し、13年で2次活動時間を上回る結果となった。(図1)

この10年間で、男女ともに2次活動時間が減少してきており、男性は2次活動時間が3次活動時間より短くなっている。

行動の種類別に10年間の推移をみると、増加幅、減少幅の大きいものとして、2次活動の「仕事」(54分減少)、3次活動の「休養・くつろぎ」(14分増加)、1次活動の「睡眠」(11分増加)などがある。(表1-2)

表1-2行動の種類別生活時間の推移(15歳以上)-週全体
行動の種類 総数
平成3年 平成8年 平成13年 平成3年 平成8年 平成13年 平成3年 平成8年 平成13年
1次活動 10時間27分 10時間40分 10時間48分 10時間27分 10時間34分 10時間44分 10時間26分 10時間46分 10時間51分
1次活動の内

 

睡眠 7時間43分 7時間49分 7時間54分 7時間54分 7時間57分 8時間05分 7時間34分 7時間42分 7時間44分
身の回りの用事 1時間06分 1時間09分 1時間15分 0時間57分 0時間58分 1時間03分 1時間14分 1時間19分 1時間25分
食事 1時間37分 1時間42分 1時間39分 1時間36分 1時間39分 1時間36分 1時間38分 1時間45分 1時間42分
2次活動 7時間45分 7時間13分 6時間35分 7時間24分 6時間56分 6時間16分 8時間03分 7時間29分 6時間52分
2次活動の内

 

通勤・通学 0時間22分 0時間21分 0時間20分 0時間27分 0時間28分 0時間25分 0時間18分 0時間16分 0時間15分
仕事 4時間37分 4時間11分 3時間43分 5時間52分 5時間26分 4時間48分 3時間33分 3時間05分 2時間46分
学業 0時間36分 0時間30分 0時間25分 0時間38分 0時間34分 0時間29分 0時間35分 0時間27分 0時間21分
家事 1時間33分 1時間34分 1時間32分 0時間13分 0時間15分 0時間17分 2時間41分 2時間43分 2時間37分
介護・看護 0時間05分 0時間06分 0時間04分 0時間02分 0時間02分 0時間02分 0時間08分 0時間09分 0時間06分
育児 0時間11分 0時間12分 0時間11分 0時間03分 0時間02分 0時間04分 0時間19分 0時間20分 0時間17分
買い物 0時間20分 0時間20分 0時間22分 0時間08分 0時間10分 0時間11分 0時間30分 0時間29分 0時間31分
3次活動 5時間48分 6時間06分 6時間37分 6時間09分 6時間31分 7時間00分 5時間31分 5時間46分 6時間17分
3次活動の内

 

移動(通勤・通学を除く) 0時間17分 0時間21分 0時間30分 0時間16分 0時間22分 0時間30分 0時間17分 0時間20分 0時間31分
テレビ・ラジオ・新聞・雑誌 2時間26分 2時間35分 2時間33分 2時間33分 2時間43分 2時間44分 2時間21分 2時間28分 2時間24分
休養・くつろぎ 1時間18分 1時間18分 1時間32分 1時間18分 1時間20分 1時間33分 1時間19分 1時間17分 1時間30分
学習・研究(学業以外) 0時間09分 0時間09分 0時間09分 0時間09分 0時間08分 0時間09分 0時間08分 0時間10分 0時間09分
趣味・娯楽 0時間34分 0時間31分 0時間40分 0時間44分 0時間40分 0時間49分 0時間26分 0時間23分 0時間32分
スポーツ 0時間14分 0時間14分 0時間13分 0時間18分 0時間17分 0時間18分 0時間11分 0時間11分 0時間09分
ボランティア活動・社会参加活動 0時間04分 0時間03分 0時間04分 0時間05分 0時間04分 0時間03分 0時間03分 0時間02分 0時間05分
交際・付き合い 0時間25分 0時間26分 0時間27分 0時間25分 0時間29分 0時間28分 0時間25分 0時間24分 0時間26分
受診・療養 0時間11分 0時間07分 0時間12分 0時間12分 0時間06分 0時間11分 0時間10分 0時間08分 0時間13分
その他 0時間10分 0時間22分 0時間17分 0時間10分 0時間21分 0時間15分 0時間11分 0時間23分 0時間18分
(再掲) 家事関連時間 2時間09分 2時間12分 2時間09分 0時間26分 0時間29分 0時間34分 3時間38分 3時間41分 3時間31分
休養等自由時間活動 3時間44分 3時間53分 4時間05分 3時間51分 4時間03分 4時間17分 3時間40分 3時間45分 3時間54分
積極的自由時間活動 1時間01分 0時間57分 1時間06分 1時間16分 1時間09分 1時間19分 0時間48分 0時間46分 0時間55分

注意1:「家事関連時間」は、「家事」、「介護・看護」、「育児」、「買い物」の合計時間

注意2:「休養等自由時間活動」は、「テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」、「休養・くつろぎ」の合計時間

注意3:「積極的自由時間活動」は、「学習・研究」、「趣味・娯楽」、「スポーツ」、「ボランティア活動・社会参加活動」の合計時間

また、曜日別に生活時間をみると、男女とも平日、土曜日、日曜日のいずれにおいても、2次活動時間が減少している。とりわけ、土曜日の2次活動は、この10年間で男性が1時間49分、女性が1時間9分と大幅に減少している。(表1-3)

表1-3曜日別生活時間の推移(15歳以上)
  平成3年 平成8年 平成13年
平日 土曜日 日曜日 平日 土曜日 日曜日 平日 土曜日 日曜日
総数 第1次活動 10時間19分 10時間27分 11時間05分 10時間29分 10時間48分 11時間27分 10時間41分 10時間46分 11時間27分
第2次活動 8時間25分 7時間24分 4時間47分 7時間55分 6時間28分 4時間32分 7時間12分 5時間56分 4時間10分
第3次活動 5時間16分 6時間09分 8時間09分 5時間36分 6時間44分 8時間01分 6時間07分 7時間18分 8時間23分
第1次活動 10時間21分 10時間24分 11時間06分 10時間22分 10時間40分 11時間24分 10時間36分 10時間42分 11時間30分
第2次活動 8時間11分 7時間04分 3時間48分 7時間48分 5時間59分 3時間31分 7時間06分 5時間15分 3時間05分
第3次活動 5時間29分 6時間32分 9時間06分 5時間49分 7時間21分 9時間05分 6時間18分 8時間03分 9時間25分
第1次活動 10時間18分 10時間30分 11時間04分 10時間35分 10時間56分 11時間30分 10時間45分 10時間49分 11時間24分
第2次活動 8時間37分 7時間41分 5時間36分 8時間01分 6時間53分 5時間26分 7時間18分 6時間32分 5時間06分
第3次活動 5時間05分 5時間48分 7時間20分 5時間25分 6時間11分 7時間04分 5時間57分 6時間39分 7時間30分

21次活動時間

35~44歳で短い睡眠時間

10歳以上の人の睡眠時間(週全体)は7時間56分で、男性が8時間6分、女性が7時間47分と男性が長くなっている。

年齢階級別にみると、35~44歳階級が7時間21分と最も短く、65歳以上が8時間43分、10~14歳階級が8時間17分と長くなっている。

これを男女別にみると、女性の睡眠時間は10歳代前半を除く各年齢階級で男性より短くなっており、特に30歳代後半から50歳代前半にかけては、30分以上短くなっている。(表2-1)

表2-1年齢階級別睡眠時間-週全体
  総数 男-マイナス

 

総数 7時間56分 8時間06分 7時間47分 0時間19分
10~14歳 8時間17分 8時間12分 8時間22分 -マイナス

 

0時間10分
15~24歳 7時間47分 7時間52分 7時間42分 0時間10分
25~34歳 7時間51分 7時間59分 7時間45分 0時間14分
35~44歳 7時間21分 7時間40分 7時間03分 0時間37分
45~54歳 7時間32分 7時間52分 7時間13分 0時間39分
55~64歳 7時間46分 7時間58分 7時間35分 0時間23分
65歳以上 8時間43分 8時間55分 8時間34分 0時間21分

平日の睡眠時間が増加

図2曜日別睡眠時間

10歳以上の人について曜日別に睡眠時間をみると、1日(午前0時から起算する24時間)のうち、平日が7時間48分、土曜日が7時間55分、日曜日が8時間32分となっており、平日に比べ日曜日の睡眠時間が大幅に長く、その差は44分となっている。

平成8年と比較すると、平日は5分増加しており、土曜日、日曜日はそれぞれ2分の減少となっている。(図2)

32次活動時間(1)仕事時間

男性は35~44歳、女性は15~24歳で長い仕事時間

15歳以上の人のうち、有業者は約62万2千人で、15歳以上人口に占める有業者の割合(有業率)は65.1%となっている。このうち、男性は約33万5千人(有業率75.5%)、女性は約28万7千人(同56.2%)で、有業率を平成8年と比較すると、男性は低下しているのに対し、女性は上昇している。(表3-1)

表3-1有業者数及び有業率の推移-週全体
  有業者数(千人) 有業率(%)
平成3年 平成8年 平成13年 平成3年 平成8年 平成13年
総数 614 612 622 67.7 65 65.1
325 334 335 77.8 76.3 75.5
290 278 287 59.3 55.2 56.2

有業者の1日の仕事時間(週全体)は5時間39分で、男性が6時間20分、女性が4時間52分となっている。

これを年齢階級別にみると、最も仕事時間が長いのは、男性が35~44歳階級で7時間5分、女性が15~24歳階級で6時間13分となっている。

生産年齢人口(15~64歳)の範囲では、すべての階級において、男性の仕事時間が女性を上回っており、35~44歳階級では、2時間39分もの男女差があるが、75歳以上の階級のみ女性の方が41分男性より長くなっている。

平成8年と比較すると、有業者総数では仕事時間が39分減少しており、25歳以上のすべての年齢階級において減少している。

また、男女差をみると、10歳代後半から30歳代前半にかけて、差が小さくなってきている。(表3-2)

表3-2年齢階級別仕事時間の推移(有業者)-週全体
  総数 男-マイナス

 

平成8年 平成13年 平成8年 平成13年 平成8年 平成13年 平成8年 平成13年
有業者総数 6時間18分 5時間39分 7時間02分 6時間20分 5時間25分 4時間52分 1時間37分 1時間28分
15~24歳 5時間52分 6時間13分 6時間09分 6時間18分 5時間33分 6時間13分 0時間36分 0時間05分
25~34歳 6時間51分 5時間45分 8時間03分 6時間24分 5時間18分 4時間58分 2時間45分 1時間26分
35~44歳 6時間42分 5時間58分 7時間50分 7時間05分 5時間11分 4時間26分 2時間39分 2時間39分
45~54歳 6時間21分 5時間46分 6時間54分 6時間30分 5時間41分 4時間55分 1時間13分 1時間35分
55~64歳 6時間19分 5時間51分 6時間42分 6時間46分 5時間51分 4時間49分 0時間51分 1時間57分
65~74歳 4時間51分 4時間20分 5時間13分 4時間34分 4時間37分 4時間00分 0時間36分 0時間34分
75歳以上 4時間34分 3時間06分 4時間31分 2時間43分 4時間37分 3時間24分 -マイナス0時間02分 -マイナス0時間41分

土曜日の仕事時間が大きく減少

有業者の仕事時間について曜日別に平成3年以降の推移をみると、特に土曜日で大幅に減少しており、5年前と比べて平成8年は52分、13年は36分の減少となっている。(表3-3)

表3-3曜日別仕事時間の推移(有業者全体)
  総数
平成3年 平成8年 平成13年 平成3年 平成8年 平成13年 平成3年 平成8年 平成13年
平日 7時間33分 7時間10分 6時間26分 8時間22分 8時間00分 7時間20分 6時間37分 6時間09分 5時間24分
土曜日 6時間17分 5時間25分 4時間49分 7時間01分 6時間07分 5時間10分 5時間27分 4時間35分 4時間24分
日曜日 3時間00分 2時間50分 2時間35分 3時間25分 3時間03分 2時間31分 2時間32分 2時間35分 2時間39分

図3曜日別仕事の行動者率(有業者)

なお、有業者について曜日別に仕事の行動者率をみると、土曜日は平成3年が82.0%、13年が65.6%と、この10年間で16.4ポイントと大幅に低下している。(図3)

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp